SWOT分析とは?SWOT分析の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、SWOT分析の意味を解説していきます。

SWOT分析とは、企業などの組織、
または個人が目標達成のための意思決定をする際に
自身の環境を分析するために用いられる手法です。

SWOT分析によって、
自身の内部環境、そして外部の環境を分析して
現状を把握していきます。

そして、SWOT分析の結果を踏まえ、
マーケティングの戦略の構築などを行っていくのが目的になります。

SWOT分析では4つの要素を分析していく

SWOT分析では、組織や個人における内部環境と
外部環境を分析して現状を把握していきます。

そのために分析するのが、
Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)で、
これらの頭文字を取ってSWOT分析と呼ばれています。

一般的に、SWOT分析では、
Strength(強み)、Weakness(弱み)が内部環境分析、
つまり、自社や自分自身についての分析になります。

そして、Opportunity(機会)、Threat(脅威)が
SWOT分析においての外部環境の分析ということになります。

では、SWOT分析はどのように分析を行っていくのか、
内部環境分析、外部環境分析、それぞれを詳しく解説していきます。

SWOT分析における内部環境分析:Strength(強み)、Weakness(弱み)

自社、自分自身における強みと弱みを洗い出し、
分析していきます。

SWOT分析における内部環境分析では
主に競合する相手に対しての
強みや弱みを分析していきます。

SWOT分析で内部環境分析を行う場合に重要なこととしては、
「自社はSEOに取り組んでいるからSEOが強み」など、
安易に主観的な分析をしてしまうことを避けることです。

競合する相手のデータや事実などと照らし合わせることで、
客観的に事実だけを、相対的に分析していくことが必要になります。

ちなみに、Strength(強み)、Weakness(弱み)の具体的な例として
商品力、販売力、技術力、ブランド、財務、人材、意思決定力などがあります。

SWOT分析における外部環境分析:Opportunity(機会)、Threat(脅威)

一般的にSWOT分析を行う場合、
こちらの外部環境分析から行っていくことになります。

つまり、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の分析です。

たとえば、以下の質問を自社、もしくは自分自身にしてみることで
SWOT分析における外部環境分析を行うことができます。

市場や自社をとりまく環境に変化はあるか?

もし変化があれば、それはどのようなものか?

その変化に対して他社はどのように追従しているのか、もしくは追従していけるのか?

SWOT分析では
これらの質問によって最初に外部環境に関する客観的な事実を分析し、
その事実を踏まえた上で内部環境を分析していくことになります。

ちなみに、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の具体的な例として
政治・経済、技術進展、法規制、市場規模・成長性、
価値観、価格、競合他社、協力会社などがあります。

クロスSWOT分析によってマーケティング戦略を構築していく

ここまでのSWOT分析を行ったら、
内部環境と外部環境をそれぞれ整理していく必要があります。

この整理していくプロセスをクロスSWOT分析と呼び、
実際にはこのクロスSWOT分析を行うことによって
マーケシング戦略を構築していくことができるのです。

片方の軸にStrength(強み)、Weakness(弱み)を、
もう片方の軸にOpportunity(機会)、Threat(脅威)として表を作ります。

それぞれの要素が交差する点について
SWOT分析で得られた事実から分析を行っていきます。

 Opportunity(機会)  Threat(脅威)
 Strength(強み)  強みを活かして機会を勝ち取るための方策は?  強みを活かして脅威を機会に変える差別化とは?
 Weakness(弱み)  弱みを補強して機会をつかむための施策とは?  弱みから最悪のシナリをを避けるためには?

それぞれの交差する点において、
表にある質問をしていくことが
クロスSWOT分析ということになるのです。

まとめ:SWOT分析は相対的な分析であり、変化することがある

SWOT分析はあくまで相対的な分析となりますので、
外部環境、内部環境、どちらかが変化すれば
分析結果、評価も変化していくことがありえます。

そのため、SWOT分析は詳細な分析を行うのではなく、
結果よりも過程を重視する戦略立案のための
手法として向いていると考えることができます。

マーケティングの戦略を立案する場合には
SWOT分析を行うことによって現状を把握し、
客観的な評価のもと戦略を構築していくことが
重要になっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、SWOT分析の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

無料メルマガは副業サラリーマンから海外在住マーケッター、女性起業家から年商億超えの社長まで購読中!
ノウハウをプレゼントする無料メルマガは気に入らなければいつでも解除できます。
私もあなた同様スパムメールはキライなので絶対にその類のメールはお届けしないことを誓います。

お名前を漢字フルネームで。(必須)
普段お使いのメールアドレス(必須)

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP