コンプレックスはお金になる

こんにちは、
深作浩一郎です。

あなたは
コンプレックスを
持っていますか?

私は持っています。

そして、もしあなたが
コンプレックスを
胸に抱えているとすれば、
理想的な収入を手にする事が
できるでしょう。

今回、お話するのは、
コンプレックスや、弱点は
武器になる、という事です。

結論、わかりやすい例を出すと、

「ニート引きこもりでもできた●●な方法」
「偏差値30高校中退男でも月収ウン百万円」

などのコピー。

きっと、普段から
学びの意識が高いあなたは、
一度は見た事あるでしょう。

まさに、これらは
弱点やコンプレックスを
武器にしているのです。

これらのコピー自体は、

「うわ〜、ありがちw」と
「ありきたりですよねw」と

感じるかもしれません。

しかし、
実際、これらのコピーが
今も使われ続けているって事は
それなりの反応がある事の
証明だと言えるでしょう。

つまり、早い話、
私たちが皆抱えている
自分のコンプレックスや
弱点というのは、
切り口を変えるだけで

同じコンプレックスを持つ
誰かの興味を惹き付けたり、
その人たちを応援できる
キッカケになるのです。

私も抱えていた
コンプレックスでもありますが、
「低学歴」「貧乏」「病気」
などは、その代表例だと思います。

これらをコンプレックスに
感じている方というのは、
逆に、今後、
正しくビジネスに取り組めば、

過去の追憶と、
現在の姿が大きなギャップを生み
魅力的なキャラクターとして、
親しまれやすいです。

そして、そのような方は、
情報発信系の
メルマガビジネスなどと
極めて相性が良いです。

SNSを始めても人気者になれますし、
ビジネスも、右肩あがりに
成長していく事でしょう。

その未来を描くための
最初のステップとして
まずは、結果を残す事。

そして、その先に

「◎◎な病気でも、●●できた方法」
「引きこもりでも◯◯◯に!」

みたいな”よくある形”で
同じコンプレックスを抱える方に
希望を与え、応援し、
正しい方向へ導いてあげて下さい。

そして、あなたの情報と
引き換えに代価をいただいて下さい。

そして、同じ境遇の方々を救う
あなたの姿は、
友人や家族からも信頼され
「カッコいいね」と
言われる事は間違いないでしょう。

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP