泥のように眠る生活のススメ【スラムダンクのごとく】(-_-)zZZ

こんにちは、
こういちろうです。

「忙しくてノウハウを学ぶ時間がない!」

という方にオススメの、
研究結果を発見したのでシェアします。

http://wired.jp/2014/08/15/learn-languages-while-sleeping/

別にこの記事を見て、ではないですが
私も最近、
睡眠にこだわろうと考え始めました。

というのも、普段から
次世代マーケティングの研究や、
コンサル、コンテンツ作成等で、
疲れがたまっているのか、

以前の貧乏暇無し会社員時代よりも、
たっぷり寝ないと、
活力が湧いてこないのです。

多分、暑さとか夏バテ、
というわけではありません。

更に、ここ数日は、
目覚めて、ベッドから降りるまでに、
時間がかかったり、
そのまま睡魔に負けてしまい、
二度寝をする事もありました。

私も気持ちイイことは大好きですし、
「このままでは、いけない!」と
頭では理解していても、
心地よく襲いかかってくる眠気には
勝てない事ってよくあるかと思います。

それらを解決するためにも、
寝具を買い替えて、
短い時間でも睡眠の質を高くすると、
より効率良く疲れをとれるのかな、と
思っています。

もしかすると、これからの未来、
「睡眠コンサルタント」とか、
「睡眠研究者」とかの職業が生まれ、
需要が出るかもしれませんね。(*´ω`)

実際、私はかつて、
時給400円換算で、
馬車馬のように働き
貧乏暇無し会社員だった頃は
ぐっすり眠る事はできませんでした。

唯一の休みだった日曜に、
週6日間で108時間以上労働して
貯まった疲れを
癒すために、
「泥の様に」眠っていました。

※2万本シュート合宿中の、
スラムダンクの桜木花道の様に!

その結果,休みの日も、
友達などと遊ぶ暇もなく、
自由とは縁遠い存在だったわけですが、、、

ある意味、ゆっくり睡眠できるというのは
幸せな事かもしれません。

睡眠欲は、生理的な
3大欲求の1つですからね。

何が言いたいかと言えば、
人生は決断一つで、
どうにでも描く事ができる、という事です。

“時間をコントロールできる”という事は、
充実した人生を過ごすうえで、
これ以上なく素敵な事ですね。

あなたは、自由自在に
「睡眠をとれる生活」というのは、
どう思いますか?

それでは!

こういちろう

■追伸.

ちなみに私が愛用している
マットレスは
以下のダブルサイズです。

こちら

枕も同じブランドです。(*´ω`)

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP