鮨わたなべ銀座はさかなクン行きつけの銀座の寿司屋らしい

こんにちは、
深作浩一郎です。

つい先日、魚のプロである
「さかなクン」が贔屓にしてるらしい
銀座の寿司屋「わたなべ」さんにいってきました。

鮨わたなべ:食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13148301/

さかな君が寄贈した絵

2016_0615_susi01

私は普段、カウンター席で
お寿司を食べるのですが
たまには、ってことで
今回は個室。

カウンター席には
カウンター席の良さが、
個室席には
個室席の良さがあって

お寿司自体も
銀座の一流店ならではの
江戸前の技に
舌鼓をうちました。

2016_0615_susi02

「うーむ、肉もいいけど、
やっぱ日本独自の旬を味わえる
魚もいいよね」

と思って帰ろうとすると
「お土産に」と、
ご主人から”いなり寿司”を
立派な紙袋にて
プレゼントされました。

このいなり寿司が
美味しいのは当然なのですが
久しぶりのサプライズを受け

「やっぱサプライズ
されると嬉しいな」と

「こういう事をもっと企画して
楽しくやらないとなぁ」と
しみじみ感じました。

さぁ、あなたのビジネスは
喜ばれるサプライズしてますか?

本物のサプライズとは、
相手に尽くせばいいわけでもないですし
価格以上のことをすることでもないし
あなたの利益を下げてまでするものでもないです。

理想的には
自分も気持ち良いし
相手も気持ちいい。

ギョギョッと、喜ばれるような
そんな理想的なサプライズを
これからのビジネスに
落とし込んでいきたいものです。

やはり超一流の店や人間から学ぶものは
非常に大きいですなぁ。(*´ω`)

肉会も企画しながら
鮨会も企画しますか。

誠実に真っ当に稼いで
楽しいことも平行して
人間として精進していきましょうぜぃ。

それでは。

深作浩一郎

■追伸.

後ほどブログにもちゃんと写真を乗せる予定ですが
トロたくの、トロが本物のトロが
一本入ってて、これまた
ギョギョッとびっくり。

トロたくランキングは歴代1位です。
実に美味し。

2016_0615_susi03

私は現在、名店を一つずつ踏破して
自分にあった店を探してる最中です。

毎週のように開拓してます。

いずれにせよ
好きなものをお腹いっぱい食べるのは
やはり楽しいです。

引き続き稼ぎまくって
美味しいの沢山食べて
充実させましょう!

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP