12億円くらい稼ぎすぎてからサボろう

こんにちは、
深作浩一郎です。

サボるのと、稼ぐのと
どちらを優先するべきかについて
共有しておきます。

個人的にやりたいのは
サボるの、でしょう。

で、それを叶えるためにも
まずは、稼ぎすぎるくらい
稼げてしまうようになりましょう。

で、究極的には、その稼いだお金で
夢の金利生活でも送ればいいのです。

ちなみに私の場合は、手元に
約12億円〜13億円の現金があれば
現在の生活レベルで考えうる
理想的な生活を
金利だけで叶えることができそうです。

この計算式は面白くも絶望的な数字が
出るので
後日、特別なメンバーにだけ
シェアしていこうと思ってますが

それをするためにも
今、頑張らないといけないということですね。

もちろん今サボるのも
いいことだと思います。

だって、サボっていても
身の安全を確保できた状態で
生活ができてるということですから。

そのような環境を得てること、
そして誰かにその環境を
与えられているならば
感謝するべきですよね。

ただまぁ、この先
日本の経済は大きく変わるでしょうし
会社勤めをしている場合には
突然のリストラも
覚悟しないといけないわけです。

かつて優良企業と言われていた
某大手メーカー企業も
続々と赤字を垂れ流して
リストラを決行していますよね。

リストラ、倒産、

昨日まで安定的にあった収入が
突然プツリと途絶える。

これがサラリーマン、
雇われの身であるリスクです。

サラリーマン人生を続ける限り
“安定”の二文字はないのです。

もちろんサラリーマン生活を
否定するつもりはないです。

むしろ、それが普通ですし
私も普通のサラリーマンの家庭に
育ちました。

そして、私自身も
サラリーマン時代を
過ごしています。

今思えば、当時の無能っぷりで
会社にたいして貢献していないくせに
安定したお給料をいただけるのは
本当にありがたかったです。

アルバイトにしろ、パートにしろ
誰かにお給料をいただくのが
普通の人生なのです。

でも少しだけ
考えてみてほしいです。

サラリーマンとして
お給料を受け取るのは
当然かもしれません。

しかし、あなた自身の力で
ほんの少しの空き時間にでも
お金を稼ぐことができれば
あなたの人生は
どのように豊かになるでしょうか。

今は原価をかけることなく
パソコン一つあれば
誰でもお金を生み出せる時代です。

だからこそ、まずは
パソコン一台持って
稼ぐことを目標に
稼ぎすぎるくらい
自力で頑張ってみるのが
面白いと思います。

そして、稼ぎすぎたあとに
好きなだけサボって遊ぶ方が
よほど気持ちよく
遊べるかと思います。

この究極系が
本メールの上部に
私自身を例として
紹介した

「サボりたいけど
ラクするために
今を頑張る。」という

“成功者あるある”の
マインドセットですな。

ご参考までに!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP