MacのBluetooth(ブルートゥース)をオフにする方法・やり方

こんにちは、深作浩一郎です。

あなたはMacのBluetooth(ブルートゥース)機能を利用していますか?

iPhoneやiPad、Androidスマートフォン(スマホ)と同様に、
MacにもBluetooth機能が搭載されています。

iPhoneやスマホでは、Bluetoothイヤホン・ヘッドホンやスピーカー、
他にもApple Watch(アップルウォッチ)やスマートウォッチと
接続することが多いので、iPhoneやスマホでは
Bluetoothを使う機会は多いのですが、
MacはiPhoneやスマホと違い、USBを使うことができますので、
Bluetoothよりも優先接続で他の聴きと繋げることが多いですよね。

そうなってくると、普段、滅多に使わないMacのBluetoothは
オフにしておくべきですよね。

BluetoothはWi-Fiに比べれば消費電力は少ないと言われますが、
それでもバッテリーを消費・消耗しているのに変わりはありませんよね。

そこで、今回は、Macのバッテリー消費・消耗を少しでも抑えるために、
MacのBluetooth(ブルートゥース)機能のオン・オフを切り替える方法・やり方を解説します。

MacのBluetooth(ブルートゥース)機能のオン・オフを切り替える方法・やり方

まずは「システム環境設定」を開きます。

その中に「Bluetooth」がありますので、クリックします。

そうすると、システム環境設定のウインドウが、
以下のBluetoothを設定するウインドウに切り替わります。

左側、Bluetoothのアイコンの下に
「Bluetooth:入」と表示されているので、
現在、MacのBluetoothがオン(入)の状態になっているのが分かります。

その下にある「Bluetoothを切にする」をクリックすると、
以下のウインドウに変わります。

今度は、Bluetoothのアイコンの下が
「Bluetooth:切」に変化していますので、
これでMacのBluetoothがオフ(切)の状態になったことが確認できます。

これでMacのBluetoothをオフ(切)にする作業は終了です。

もう一度Bluetoothをオン(入)にしたい場合には、
「Bluetooth:切」の下にある
「Bluetoothを入にする」をクリックすれば、
MacのBluetoothをオン(入)の状態にすることができます。

新しいMacBookやMacBook Proは
画面がキレイになったり、軽量化・小型化によって
バッテリー消費・消耗が早くなってしまいました。

今回紹介したMacのBluetooth(ブルートゥース)をオフ(切)にする方法で
節約できる消費電力はわずかですが、
このような小さな節電の積み重ねがバッテリーを長持ちさせる秘訣です。

ぜひ、ご参考に!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP