MacのFinderで複数のファイル情報を表示する方法・やり方

こんにちは、深作浩一郎です。

MacのFinder(ファインダー)では
ファイルをクリックして選択し、
「Commandキー + iキー」のショートカットキーを押すことで
そのファイルの情報を表示することができますよね。

JISキーボード(日本語キーボード)の場合

USキーボード(英語キーボード)の場合

「ファイルの種類」「ファイルのサイズ(容量)」「ファイルの場所(パス)」「作成日時」「アクセス権」など、
そのファイルに関する詳細情報をまとめて表示できますで、
非常に便利な機能ですよね。

しかし、この方法では、
1つのファイルの詳細情報しか表示することができません。

2つ以上のファイルの情報をまとめて表示して、
情報を比較する時には、
1回1回それぞれのファイルの情報を表示する必要がありますので、
時間もかかりますし、面倒ですよね。

たとえば、似たようなファイルが2つ合った場合には、
「作成日時」を調べることによって
どちらのファイルが新しいのか分かりますので、
目的のファイルを見つけることができますよね。

そこで、今回は、
MacのFinder(ファインダー)で複数のファイルの情報を
一気にまとめて表示する方法をご紹介します。

MacのFinder(ファインダー)で複数のファイル情報をまとめて表示する方法

まずは、情報を表示したいファイルを全て同時に選択します。

選択する方法は、「Commandキー」または「Shiftキー」を押しながら、
目的のファイルをクリックしていきます。

そうすると、「Commandキー」または「shiftキー」を
押している間にクリックしたファイルが
まとめて選択されている状態になります。

上記画像のように、目的のファイルが隣り合っていたり、
並んで表示されている場合には
マウスやトラックパッドでドラッグの操作をすることでも
まとめてファイルを選択することができます。

ファイルをまとめて選択出来た状態になったら、
その状態で先ほど紹介した
ファイルの詳細情報を開くショートカットキー
「Commandキー + iキー」を押します。

そうすると、以下のように、
選択していたファイルの情報が全て表示されます。

この、まとめて表示する方法なら、
同じ画面内に複数のウインドウで
同時にファイルの情報が表示できますので、
簡単にファイルの情報、
「ファイルの種類」「ファイルのサイズ(容量)」「ファイルの場所(パス)」「作成日時」「アクセス権」などの
比較ができて、非常に便利ですよね。

1つずつファイルの情報を調べていくよりも、
確実に時間を短縮することができますよね!

ぜひ、ご参考に!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP