口の軽いバカげた輩

こんにちは、
深作浩一郎です。

口の軽い男って
信用できますか?

信用できませんよね?

すいません。
私は口が軽かった様です。

私も今まで、極悪な
最新情報や、本当は
墓にまで持って行く
レベルの最新ノウハウ、
先日の無料プレゼント企画など

表メールを中心に、
ベラベラっベラベラと、
お喋りがすぎてました。

私と直接会った事ある
メルマガ読者さんや
コンサル生さんは
ご存知と思いますが、

私自身、人見知りをしない性格もあり、
自分で言うのもアレですが、
“人の良さ”的に、
そういう傾向があった様です。

ただ、まー、昨日
とある事がキッカケとなり、
今年上半期の目標の一つとして
「口の固い男になる」という
コミット(約束)を
自分自身にしました。

バカと詐欺師は、
とにかくよく喋るとも
言いますからね。

そもそも今は
フェイスブックだの
ツイッターだのと、
バカでも簡単に発言できる環境が
整っています。

この傾向というのは、
情報発信をして、比較的誰でも
お金を稼ぎやすい時代、と
表現する事もできるので、
社会的メリットも含みます。

しかし、ツイッター炎上騒動など、
今後もバカが増えていくと、
国民がバカばかりになり、
国がバカに滅ぼされる事になります。

なので、私たちは、国の未来のためにも
成功者マインドを磨きながら、
情報発言していくべきなのです。

そして、その過程で、
インターネットを通して、
情報発信をして、
収入を稼げばいいのです。

国も救えて、お金も稼げて、
社会的地位も向上して、
時間的自由が手に入って、
理想的な生活を手に入れる事ができて

一石百鳥くらい、得しますからね。

今後はブランドマネジメントと、
次世代レベルの
新たなステージに突入出来る様に、
より一層はげんでいきます。

まー、お金持ちは例外無く
「自己責任意識」を持っていますからね。

よろしくどうぞ!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP