せ、節税のために赤字経営なのさ、とほざく社長

こんにちは、
深作浩一郎です。

たいして稼いでないくせに
節税の話とかしちゃってる
起業家さんがいたので
気になってます。

大丈夫かこいつ、と。(*´ω`)

もしそんな方法があるなら
そこそこ順調な私としては
かなり気になりますね。

そもそも
私の経営スタンスとしては
「稼いで払うものは払う。」
というものがあります。

これはJVパートナーでも同じ、

契約書上では
翌月末までに払うとしてますが
基本的には月初にお支払いを
させていただいてます。

これは単純に人間心理的な
コミュニケーション術の延長です。

税金に関しても
払うものは
パパッと払う。

これを常に意識しています。

というか
税金もそうですが
沢山お金を払う人間こそが
社会に還元ができてるので
最高にカッコいい。

私はそんな信念を持っています。

税金とはそういうものと
思っています。

しかし、残念ながら
彼ら”稼いでる演出をしている起業家”の
裏側を知る身としては

「せ、節税のために
うちの会社は赤字なのさ」

みたいな発言をしてると
マジでこいつら大丈夫か、

というか、こいつらを慕う
お客さんたちがいるならば
情報弱者すぎて
心の底から哀れに思えるな、

と同情すらもします。

いっそのこと、この場所で、
名指しをしてもいいのですが
それは彼のプライドもあると
思いますので
避けておきましょう。

個人的には
そういうビジネスは
いい加減卒業したほうが
いいんじゃないかなぁって
ほんと思いますね。

だって、詐欺ですもん。

可哀想ですよ、ほんと。

いずれにせよ
「節税のために赤字にする」とか
ふぬけた発言をする
自称社長・起業家が多いですが
私に言わせれば
そのマインドの時点で
負け組です。

というか赤字な時点で
負け確定じゃないですか。

なので
勝ち組側にまわるように
頑張りましょうよ。

自分の実力のなさを棚にあげて
言い訳をして
心の平穏を保つのはダサいです。

気持ちはわからなくもないですが
それでも、カッコ良くないです。

黒字にして払うもん払って
とにかく数字で社会貢献。

そっちの方が
気持ちいいですし
正々堂々と
胸をはれると思います。

少なくとも私はそう思いますので
払うものはしょうがないので
払うしかないな、と思ってます。

こういうことを
この場で言うのは
ちょっとアレかもしれませんが
あまりにも酷い一例を見たので

これから起業を目指す方々のために
マインドの共有とさせていただきました。

稼げてないダサい起業家には
見切りをつけてください。

付いていっても何も残りません。

俺に付いてきてください。

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP