あなたの適正家賃について

こんにちは、
深作浩一郎です。

先日、普段から身につけたり
毎日利用するアイテムには
お金をつかっても快適なものを
持つようにしよう、という
ニュアンスの話をしました。

その時に伝え忘れていたのですが
家の家賃にも同じことが言えるので
パソコン一台だけあれば
スタッフを1人も雇うことなく
身軽に、年間数千万円から
1億円くらい稼ぎたい方は
覚えておいてください。

というのも、
私のビジネスモデルを理想に
思う場合、きっとあなたも
しょーもないアホな顧客から
理不尽なクレームを一切受けることなく

気持ちよくストレスフリーに
手元にお金を残せるビジネスを
自分の家のなかだけでやりたいと
考えていると思います。

その場合は、
良い条件の家であればあるほど
当然、家賃は高くなるのですが

その家賃について
稼げる起業家ならでは、の
思考法をシェアしておきます。

それは
「家賃の時間対価比較」です。

かつて私もそうでしたが
サラリーマンなど
外に働きにでる場合は
家には、寝るためにしか
帰らないようなものなのに
そこそこの家賃を
払うことになります。

その一方で
長く家にいるのであれば
家賃が高かったとしても
家の中にいる時間も長いので
時間対価を算出すると
実はとても安い金額で
快適な空間に住めて
気持ちよく毎日を過ごせることになります。

気持ちよく毎日を過ごせると
精神衛星上、安定しますし
気持ちにブレがなく
ビジネスに集中することができ
結果として、
成果を大きく伸ばす事ができます。

私の現在の住まいも、
なかなかそこそこ、のつもりですが
それも時間対価を算出すると
実はそれほどでも、、、
という結果になります。

なので、あなたが私のように
基本的にはパソコン一台で
在宅でも仕事が完結することを
目指していて

これから物件を
選ぶことがある場合には

「家賃の時間対価比較」を
考えてみると良いでしょう。

もちろん、家賃は
大きな固定費です。

ゆえに、今の自分に
本当に適しているか
最低限のジャッジは
とても重要です。

ただまぁ、私のメールをお読みの
インテリ階級の方々には
そんな事は当たり前のレベルで
言わずとも伝わることでしょうし
心配はしていませんので
ノウハウをシェアしました。

ご参考くださいませ(*´ω`)

深作浩一郎

■追伸.

ここまで原稿を書いて思ったのですが
高額物件を販売する
不動産営業マンが私たちに対して
時間対価比較を算出してくる
セールストークをされたら
断る理由を潰されてしまって困るなぁ、と
思っちゃいました。(*´ω`)

それでは。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP