2000万円の起業資金を溶かす無能

「起業して成功するのに
2000万円もいらないのに」

「あほだな」

「社長たるもの
利益出せなきゃ
意味ねーんだよ無能め」

などの厳しい意見が
私のメールをお読みの
読者さんからあるのは
ごもっとも、です。

■開発に2,000万円かけたが「資金難と大バグ」のコンボで会社終了。
http://appmarketinglabo.net/kinokore/

それでもまぁ、好きなことに
挑戦したのは素晴らしいです。

まー、結果を出せないのは
起業家失格ですけどもね。

で、私の場合は、
20,000,000円もいらないので
2万円だけ用意してもらえれば
独立企業させます。

でもって、その一年後には
年収1000万円にさせられます。

あ、

こういうのは控えめに、
年収500万円くらいとでも
しておきましょうか。(*´ω`)

おんぶに抱っこマインドの
精神年齢の低い人が集まっては
いけませんし。

いずれにせよ、
起業・独立するのには
リスクをかけずに
コストをかけずに
2000万円もの大金を用意することなく

ビジネスで成功する、というか

パソコン一台さえあれば
身軽に好きなときに遊んで
好きなだけ稼いで

周りから羨ましがられて

多くの方に慕われて

毎日を休みにするのも
ビジネスでもっと上を目指すのも

好きなように人生設計できる
真に”自由な人生”を楽しむ事は
誰にでも実現できます。

大事なのは
正しい手法をとること。

そして、決断ですね。

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP