AppleIDのアプリ(App)用パスワードを作成する方法・作り方

こんにちは、深作浩一郎です。

Apple IDでは、セキュリティの強化のために通常のパスワードでの認証に加えて
電話番号やiPhone・iPadなどのiOS端末(デバイス)を利用した
2ステップ確認(2段階認証)の利用を勧めています。

しかし、この2ステップ確認(2段階認証)の設定をオンにしてしまうと、
2ステップ確認(2段階認証)に対応していないアプリでApple IDやiCloudを使おうとしても
自動的にサインアウト(ログアウト)してしまうようになってしまいます。

そこで、2ステップ確認(2段階認証)に対応していないアプリで
Apple IDやiCloudアカウントを利用するために必要になるのが、
アプリ用パスワード(App用パスワード)です。

2ステップ確認(2段階認証)に対応していないアプリでも
アプリ用パスワード(App用パスワード)を通常のApple IDのパスワードの代わりに入力することで、
自動的にサインアウト(ログアウト)してしまう現象を防ぐことができます。

今回は、Apple IDのアプリ用パスワード(App用パスワード)を作成する方法、作り方をご紹介します。

AppleIDのアプリ(App)用パスワードを作成する方法・作り方

最初にApple IDの管理ページにログインします。

Apple IDとパスワードを入力し「→」のマークをクリックするか、enterキーを押します。

問題なくログインできた場合、以下のページが表示されますので、
「セキュリティ」「App用パスワード」の下にある
「パスワードを生成」をクリックしてください。

「Apple製ではないAppやサービスにサインインするには、App用パスワードを使用します」と表示されるので、
「パスワードのラベルを入力」の入力欄にどのアプリやサービスでそのパスワードを使うか分かるように、
アプリ名やサービス名を入力します。

アプリ用パスワード(App用パスワード)は1つのアプリ・サービスに1つのパスワードが必要になります。

パスワードのラベルを入力したら、「作成」をクリックして終了です。

これで2ステップ確認(2段階認証)に対応していないアプリでも
Apple IDやiCloudアカウントでログインして利用することができるようになります。

インターネット犯罪が多様化し、高いセキュリティのレベルが求められる現代では、
Appleの2段階認証(2ステップ確認)やGoogleの2段階認証など、
通常のパスワードプラスアルファでのログイン、サインインが常識になっています。

しかし、セキュリティが強固になれば、自分自身がログイン、サインインする場合にも
手間や時間がかかるようになるのも事実です。

今回紹介したAppleIDのアプリ(App)用パスワードを作成する方法・作り方も
多少手間のかかる作業や操作が必要になりますが、
Apple IDを不正利用され、個人情報の流出や経済的な被害が出ることを考えれば
多少の手間があったとしても、2段階認証(2ステップ確認)をやるべきですよね。

2段階認証(2ステップ確認)をApple IDで有効にしている場合、
Apple製ではないアプリ(App)やサービスでApple ID、iCloudアカウントを利用する場合には
必ず今回紹介したAppleIDのアプリ(App)用パスワードが必要になりますので、
ぜひ、参考にしてください!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP