なりすましとは?なりすましの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、なりすましの意味を解説していきます。

なりすましとは、インターネット上で、
他人のIDやパスワードなどの、
アカウント情報・会員情報を不正利用して、
その人のふりをして活動することです。

なりすまし、という言葉通り、
インターネット上で他人になりすまして
活動することを指したマーケティング用語です。

なりすましの目的は主に個人情報や機密情報を盗むこと

なりすましではインターネット上の
会員制サイトやSNSなどのサービスで
他人のアカウント情報、会員情報を盗んで、
その人のふりをして活動を行います。

では、わざわざなりすましをして
インターネットで活動を行うことには
どのような目的があるのでしょうか?

なりすましを行うことの主な目的は、
主に個人情報や機密情報を盗むことにあります。

では、なりすましによって起こりうる被害を
いくつか紹介していきたいと思います。

なりすましにより考えられる被害:ECサイト、インターネットショッピング

なりすましの中には、
他人のECサイト、インターネットショッピングのサイトでの
会員ページ、アカウントーページへの
ログイン情報を盗む場合もあります。

ECサイトでは、商品を購入した際に、
決済や発送を行うためのクレジットカード情報や銀行口座情報、
住所や電話番号などが会員情報に登録されています。

そのため、なりすましによってログインをされた場合には
それらの個人情報が盗まれるため、
クレジットカードの悪用や、
住所や電話番号を利用して知らない間に
他のWebサイトなどに会員登録されたりする可能性があります。

なりすましにより考えられる被害:インターネットバンキング

現在では多くの銀行が取り入れるようになった
インターネットバンキングでもなりすましの被害は想定されます。

なりすましでインターネットバンキングにログインされた場合、
たとえキャッシュカードや通帳が盗まれなくても、
不正送金によって、口座のお金を盗まれる可能性があります。

なりすましにより考えられる被害:SNS

他にも、SNSのサービスによるなりすましもあります。

SNSサービスでのなりすましでは
金銭的な被害が出ることはありませんが、
他人のアカウントを利用した
悪質ないたずらなどが考えられます。

そのため、SNSでのなりすましでは
金銭的な被害が出ない場合でも
社会的な信用に傷が付いたり、
周囲からの信頼を失うなどの損害が考えられます。

なりすましにより考えられる被害:インターネット上の掲示板

インターネット上の掲示板では、
ログイン情報が必要なく、
IDやパスワードなどでの認証がなくても
誰でも自由に書き込むことができますので、
簡単になりすましを行うことができます。

そのため、他人の名前を使って
掲示板に悪質な書き込みを行うなど、
なりすましによるイタズラの被害が考えられます。

なりすましの被害を避けるための対策、防止策

では、次に、
なりすましにより被害にあってしまうことを
避けるための対策、防止策を紹介していきます。

なりすましの対策・防止策:インターネット上での個人情報の公開を行わない

インターネット上で個人情報を公開する場合には、
本当にその個人情報を公開しても問題ないかを考えましょう。

公開した個人情報に、ログインなどに必要な情報が含まれている場合、
なりすましの被害を生んでしまう可能性があります。

必ず、公開しても問題ない個人情報か、
なりすましにつながらないかを考えてから
個人情報の公開を行うようにしましょう。

なりすましの対策・防止策:IDやパスワードを定期的に変更する

Webサイトや電子メールのログインに必要な情報、
IDやパスワードを長期間変更せず、
ずっと同じものを使っている場合、
特定されてなりすましの被害に遭う可能性があります。

特定されないようにも、定期的にIDやパスワードなどの
ログイン情報を変更することによって
なりすましを防ぐことができます。

なりすましの対策・防止策:スパムメールを警戒する

企業などになりすまし、
Webサイトなどへのログイン情報を盗もうとする
スパムメールによるなりすましの被害も考えられます。

「アカウントの更新が必要です」など、
ログイン情報や個人情報の入力を促すメールが来た場合には
必ず送信元が本物の運営者であるのか、などを
確認してから入力を行う必要があります。

「co.jp」など、ドメインの確認を行うことによって
信頼できるメールアドレスかどうかを確認し、
なりすましの被害を防ぐことができます。

まとめ:なりすましは被害に遭わない対策が大切

なりすましで被害を負ったり、損失を出さないためにも、
まずはそもそもなりすましの被害に遭わないための
対策や防止策を講じておくことが必要になります。

万一なりすましの被害にあってしまった場合には、
かならず運営元に連絡するなどして、
いっこくも早く止め、被害を最小限に押さえる必要があります。

以上が、マーケティングの用語、なりすましの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP