Macで画像のファイル形式・拡張子を変更する方法・やり方

こんにちは、深作浩一郎です。

今回は、Macに最初からインストールされている
「Automator」というソフトを使って
Macに保存してある複数の画像のファイル形式(拡張子)を
一括で変更する方法をご紹介していきます。

ファイル形式(拡張子)とは、
画像のファイル名の最後に含まれている
「.jpg」「.png」のことです。

Webサイトに画像をアップロードする場合、
「.jpg形式の画像ファイルでアップロードしてください」というように
画像のファイル形式(拡張子)が指定されることがあります。

そんな時に、自分の持っている画像のファイル形式が
求められているファイル形式と異なる場合、
困ってしまいますよね。

だからといって
そのためだけに有料アプリ・ソフトを使うのもバカバカしいですよね。

しかし、Macの「Automator」を使えば
無料で画像ファイルの形式・拡張子を変更することができます。

MacのAutomatorで画像のファイル形式・拡張子を変更する方法・やり方

それでは、やり方を説明していきます。

まずはAutomatorというソフトを起動します。

「その他」というアプリのフォルダの中に入っているはずです。

起動したら「サービス」を選択した状態で
「選択」をクリック、またはEnterキーを押してください。

ウィンドウ上部にある
「サービスは次の選択項目を受け取る」の部分を「イメージファイル」に、
「検索対象」「Finder.app」に変更します。

左側のサイドバーにある「イメージのタイプを変更」を右側の
「ワークフローを作成するには、ここにアクションまたはファイルをドラッグしてください」に
ドラッグ&ドロップします。

「渡されたイメージファイルのイメージタイプを変更します。“Finder項目をコピー”アクションを追加して、オリジナルを変更しないでコピーを変更するようにしますか?」
と警告が表示されますので、「追加」をクリックするかEnterキーを押してください。

以下のウィンドウが表示されますので
「イメージタイプを変更」の部分で
変更後に指定したい画像ファイルの形式(拡張子)を選びます。

今回は「JPEG(.jpg)」を選択します。

 

「commandキー + Sキー」を押してこの設定を保存します。

「サービスの名前」にこの設定の内容が分かりやすい名前を入力しておきます。

今回の場合、「JPEG形式に変更」と名付けておきます。

ここまでで、ファイル形式(拡張子)を変更するための準備・設定は完了しました。

では、実際に画像のファイル形式(拡張子)を変更していきます。

ファイル形式(拡張子)を変更したい画像を選択したじょうたいで右クリックをします。

表示されたメニューの中の「JPEG形式に変更」をクリックします。

そうすると、以下のように、
選択していた2枚のPNG画像をまとめてJPEG画像に変更することができました。

以上が「MacのAutomatorで画像のファイル形式・拡張子を変更する方法・やり方」でした。

たとえば、Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影すると
「PNG」形式(拡張子)で保存されますよね。

ですが、インターネット上で画像をやり取りする場合って
「JPEG」形式で扱われることが多いです。

そんな時に、必要な全てのスクリーンショット画像(キャプチャ画像)を
1枚ずつ「JPEG形式」に変換していたら、
時間もかかるし、手間もかかってしまいますよね。

ですが、今回紹介したAutomatorを使えば
複数の画像ファイルの形式(拡張子)をまとめて変更できるので
時間も手間もかからないので非常に便利です。

1度設定をしてしまえば、
右クリックから一発で拡張子を変更できるので、
わざわざお金を払って高額な有料ソフト・アプリを買うよりも
効率的ですし、経済的ですよね。

使えるようにしておくと非常に便利ですので、
ぜひ参考にしてみてください!

深作浩一郎

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP