ビジネスコンプレックスを消し去る方法

こんにちは、
深作浩一郎です、

ビジネスにおいて
“収入が低い人”の特徴を
シェアしておきます。

収入が低い人の特徴として
最もよくあるパターンは
「自身のセルフイメージが低い」
というものがあります。

セルフイメージとは
自分自身をどのように
定義付けているか、
というものですが
例えばあなたの
イメージしやすいところでは
アフィリエイトと
広告代理業。

これらは、ほぼ
同じ意味です。

アフィリエイトとは
広告を紹介して
代理で報酬を得る
広告代理事業に分類されます。

ゆえに
アフィリエイターをしています、と
他人に説明しにくい場合には
広告代理業と言っても良いわけです。

これだけで
聞き手の印象も

そして、なにより
あなた自身の自分定義付けも
自信の差があるはずです。

自分自身の職業を
どのように評価しているか、

アフィリエイト、という言葉が
なぜかやましい事に聞こえる場合は
広告代理などと言葉を変えることで

他にもよく耳にするのは
転売ビジネス。

転売の世間的イメージの悪さに
コンプレックスをもっている事が多く
決して、転売という言葉を使わずに

「物販ビジネスをしています」

と宣言している方も多いです。

でもって、そのような
コンプレックスを抱えている場合は
セルフイメージを変えてみましょう。

例えば、転売を通して

“価値の再提供をしている”と

考えてみてはいかがでしょうか。

価値があるものを
価値がわかる人に
媒体を変えてお届けしているだけ。

それだけで、転売という言葉の
マイナスイメージを変える事も
できるようになり
正々堂々と自分のビジネスに
誇りをもつことができるようになるでしょう。

その結果、自信満々にビジネスができ
大きな成果を出して
更にレバレッジのきく大きいビジネスである
メルマガをはじめ
情報発信ビジネス、教材作成など、
次なるステージに順序よく階段を
登ることができるようになります。

■彼のように。
http://ko1rou.com/c/qta/

ということで、
潜在意識下で
セルフイメージを高く持つことは
起業家として稼ぎ続けるために
とても大事である、ということを
シェアしました。

ご参考ください!

深作浩一郎

■追伸.

今日のお話は
ビジネス初心者さん向けの
お話でした。

なので明日は
中級者向けの教訓として

「”少し稼げたはいいものの
すぐに没落していってしまう
エセ起業家の特徴」を

シェアしようと思います。

お楽しみに!

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP