深夜にステーキを焼いた結果www

こんにちは、
深作浩一郎です。

先日、深夜にも関わらず
無性に「ステーキ」が
食いたくなりました。

そう、牛肉の塊のアレです。

アレを深夜2時くらいに
無性に食べたくなりました。

その日は、仕事も終えて
ふとネットサーフィンで
今度いく、美味しい肉屋の
ホームページを見ていたのですが
その影響でしたね。

ということで徒歩1分にある
24時間営業のスーパーへ。

で、オーストラリアンな
牛肉(3割引!)を購入し、
クックパッドを見ながら
肉を焼き始めました。

ただまー、
ジュージュー焼き終わって
皿に盛りつけてから
気がついたことがあります。

そう、自炊をしない
一人暮らし男性宅なので
テーブルナイフが
ないのです。

私の家はたまの来客もあるので
ホームパーティ用にも
ワイングラスなどや
シャンパングラスは
来客用含め8セット程ありますし
お鍋も、大勢で食べられるように
6〜8人前の大きな土鍋を
用意してます。

しかし、
テーブルナイフがないのです。

肉汁したたるジューシーな
ソースがついた肉の塊を
まな板のうえに今更うつすのも
気分が乗らないですし、、困った。と。

で、私がとった行動は
フォークを突き刺して
ステーキを丸かじりする、
というものです。

ナイフはあくまで、
お上品に
テーブルマナーとして
食べるものと割り切りました。

確かに食べにくいですが
これはこれでワイルドに
美味しいです。

で、お腹がふくれて
大満足したという話。

で、このステーキの話は
ビジネスにも共通します。

食べにくいかもしれませんが
ナイフがなくてもステーキは
フォークでブッさせば
食べれるんですよ。┐(´-`)┌

つまり
「ステーキを食べる」
というゴールに対して
必ずしも
ナイフを用意して
フォークも用意して
テーブルクロスも用意して
食べる必要はないということ。

もちろん、これらのセットが
あるに越したことはないです。

でも、家で一人で食べるくらいなら
全部なくても食べれるわけです。

ビジネスに関して周りを見渡すと
知識もスキルも実績もないくせに
無駄に全部を揃えてから
始めようとする人が多いですよね。

どうせ、全部揃わないんだから
さっさと手を動かせばいいのに、って
思います。

私は自炊はしないので
ステーキも
焼いたことありませんでした。

クックパッドで調べて
お肉買って
焼いてみて
経験を重ねました。

で、
「今度はナイフを買っておこう」
と、やって初めて気付く
発見があるわけです。

完璧に身の回りを揃えなくても
なんとかなるものです。

私たちは、やりながら、
上手になっていくってこと。

そんなわけで
ビジネスに関しても私たちは
ゴチャゴチャ言う暇あるなら
手を動かしていきましょう。

ナイフというツールはあった方が便利ですが
ぶっちゃけ、ナイフがなくても
ステーキは食べることができます。

まずは、やってみる事が大事。

そして次の発見を見つけて
次に活かしていきましょう。

それでは。(*´ω`)

深作浩一郎

■追伸.

でもって更にいうのであれば
ステーキを焼くのも経験。

私みたいな料理下手な素人も
練習がてらの実践を毎日続ければ
きっと上手くなることでしょう。

ビジネスもそれに同じです、
最初は素人でも
練習がてらの実践経験を
日々、重ねることで上手になり
ビジネスセンスも磨かれていくわけですな。

それでは。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP