自由と堕落は紙一重

こんにちは、
深作浩一郎です。

東京が初雪で交通機関が
多少、狂ったようです。

こういう日に
仕事をすると
外に出る必要ない今の生活は
かなり満たされているなと
思うばかりです。

思えば会社員時代も
雨の中、出金したくないなとか
そういう小さな不満が
積み重なっていた事を
今でも思い出せます。

ただまぁ、自宅兼オフィスで
出勤する時間がないからといって
その時間をダラダラと過ごしすぎ
ビジネスがマイナスに動いては
起業家失格です。

たかだか月3ケタ万円を
毎月一人で維持できてる程度では
すぐに落ちていってしまいます。

事実、数年前はブイブイ
言わせていた業界の人も
今では稼ぐのに精一杯で
結構、苦しい生活をしているという話は
昨年頃からよく耳にしますからね。

そんなわけで
出勤の必要なく自宅で
ビジネスが完結する事を目指し
今のビジネスに取組んでる方は
少なくないでしょう。

きっと、あなたもその気持ちが
心のどこかにあるはずです。

そして覚えておいてほしいのは
「自由」とは自分との戦いでも
あるということです。

自由な時間が増える分、
ラクをしたい、という
人間の本質とどこまで戦えて
今より前に進んでいくのか。

ここの勝負になるので
こういう時に、生真面目さ含む
マインドセットが
大事になってくるということです。

自由と堕落は紙一重です。

今の私は、
かなりのハイレベルで
自由に生きていますが

それも今の私ですらも
自由の中でどう生きるか、
悩むこともたまには
あったりするわけです。

そんなわけで、本日の東京の
交通機関を見て思ったことの
共有でした。

私自身への自戒をこめて
自由な起業家を求めるアナタの
参考になればと思います。

それでは!
引き続きビジネスを楽しんで
稼ぎまくっていきましょう。

深作浩一郎

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP