東京マラソン見てきました

こんにちは、
深作浩一郎です。

今朝、実家からフラりと帰ってきて
自宅マンションに向かっていると
東京マラソンの
スタート直前だったらしく
むっちゃ混んでました。

で、ランナーが見えないのに
ついついミーハーっぽく
出走前の写真をパシャリと
撮ってしまいました。(*´ω`)

2016_0228_tokyomarason

正直、私はマラソンに
そこまで詳しいわけでもないですし
お正月の箱根駅伝の中継を見ても

「マラソンの観客は
寒い中よく立ってるな〜」

と思う側の人です。

でも、いざ、
マラソン会場の側を通り
まもなく出走となると

「ちょっと見てみようかな」

とすら思いました。(*´ω`)

好きな言葉が、
時給とか、
効率化とか、
ビジネスに関しては
最適化大好きな私が、です。笑

いざ現場に立たないと
感情がどう動くかは
わからないものですね〜

今回、東京マラソンの観衆になったことは
私にとって未知の体験でした。

しかし
未知の体験をしてこそ、
本質や気づきがあるわけです。

まだ体験したことない
未知の体験へのチャレンジは
勇気がいります。

それでも未知の体験には
どんどん飛び込んでいくべきと
思いますね。

特にビジネスの世界では
尚更です。

例えばその場合は、その分野で
既に大きな成功をおさめてる方の
意見というのを大切にする事が
ベストな判断です。

私はどの分野で、そこそこ
上手くいってるかといえば
個人で、自由に、好きなことをして
稼ぎなくって時間的な自由を
手にするという点でしょうか。

パソコン一台さえあれば
日本中、世界中どこでも
お金を生み出すことができ、

遊ぶときは遊んで
ビジネスしたい時はビジネスして

かつ、社会的に信頼性と
スタッフ1人あたりの利益率が
上場企業の半数よりも勝り
どう客観的に見ても優秀と
いわざるを得ない会社の経営、
ビジネススキームの構築だったり

全国各地、沢山の仲間に恵まれて

仲間と一緒に
近い将来もっと稼げるビジネスを構築して
楽しく生きていく。

そんなところでしょう。

なので、もし1ミリでも
私の生活に憧れがあるなら
背中を追ってきていただければ
私は、あなたを
理想に連れていくことができます。

「上場企業を作りたいです!」
という場合はごめんなさい。

私はその分野とは別の分野なので
他の方に師事することを
おすすめします。

私はあくま小資本で大きく稼ぎ、
時間的な自由と
経済的な自由と
精神的な自由を
パソコン一台さえあれば叶える、
そんな生き方を指導できる
専門家です。

なので、どこか1ミリでも
理想に思う部分があるならば
引き続き、
付いてきて下さい!(*´ω`)

それでは!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP