Macのアプリが自動起動・勝手に起動しないための設定方法

こんにちは、深作浩一郎です。

あなたはMacを起動して、パスワードを入力してログインした時に
Dock(ドック)にアイコンを設置しているアプリが
勝手に起動してしまうことはありませんか?

たとえば、Macをシステム終了(シャットダウン)する前にPagesを終了させたはずなのに、
Macを起動してパスワードを入力してログインした瞬間に、
Dock(ドック)のPagesのアイコンが動いてPagesが起動してしまう、
Macがこれと同じような症状になってしまったことってありませんか?

常に起動しておきたいわけでもないアプリがMacを起動した時に同時に起動したとしても、
結局終了させなきゃいけないだけなので、二度手間で面倒ですし、何よりも時間の無駄になりますよね。

実は、この、特定のアプリ・ソフトがMacの起動と同時に勝手に起動してしまう症状は
Macのデスクトップ画面で非常に簡単な設定を変更するだけで解決することができてしまうんです。

今回は、Dock(ドック)にある特定のアプリ・ソフトが
Macを起動させたと同時に起動してしまう症状を解決する設定方法をご紹介していきます。

MacのDock(ドック)にあるアプリ・ソフトが自動起動・勝手に起動しないための設定方法

それではMacのDock(ドック)にアイコンを設置しているアプリ・ソフトが
Macの起動と同時に勝手に起動しない、自動起動しないための設定方法をご紹介していきます。

具体的に説明するためにも、1つ、アプリの例を挙げて説明していきますね。

先ほども例に上げたPagesを使って説明していきます。

まず、Dock(ドック)にあるPagesのアプリアイコンを右クリックしてメニューを表示させます。

この時、右クリックではなく、
トラックパッドやマウスを長押しするクリックでも同じようにメニューを表示させることができます。

メニューがポップアップで表示されたら、メニューの中の「オプション」にマウスカーソル(マウスポインタ)を乗せます。

そうすると、さらに細かいメニューが表示されますので、
「ログイン時に開く」という項目をクリックして、左側にあるチェックを外してください。

これだけの非常に簡単な操作で
Dock(ドック)にある特定のアプリ・ソフトがMacを起動させたと同時に起動してしまう症状を
簡単に解決することができてしまいます。

Macの電源を入れて起動するたびに、普段使わないようなアプリが勝手に起動していたら、
そのたびにアプリを終了しなくてはいけないので、面倒ですし、アプリを終了している時間が無駄です。

しかし、今回紹介したMacのDock(ドック)にアイコンを設置しているアプリ・ソフトが
Macの起動と同時に勝手に起動しない、自動起動しないための設定方法を使えば、
たった2回のクリックでアプリが自動起動、勝手に起動する症状を改善することができます。

非常に簡単な操作でMacを起動してから作業に入るまでの時間を短縮することができますので、
ぜひ、参考にしてみてください。

深作浩一郎

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP