1円玉を280万円で売る方法

こんにちは、
深作浩一郎です。

あなたは
「1円玉を280万円で売る方法」って
知ってますか?

・・・

・・・

「は?深作浩一郎サン、
頭を豆腐の角にぶつけて、
気が狂ったんですか?」

「1円玉のアルミの破片が
280万円で売れるわけないじゃないですか!」

「1円玉の製造原価は、
アルミニウム地金の値上がりで
3円程度かかったはずですが、

それを280万円で売ろうだなんて、
どうかしているんじゃないですか?」

「1円の価値としか
世界中で認められていないものを
280万円で売るなんて、
まるで詐欺師みたいな発言ですね、
見損ないました!!」

・・・

・・・

論より証拠。

「1円玉を280万円で売る方法」を
ご紹介します。

ヤフオクで1円玉が280万円で落札されて話題となっている。1円玉は1円玉であり、それ以上でも以下でもない。お金としての価値は1円は1円である(物質としての価値は違うけど)。

どんな1円玉が280万円で落札されたのかというと、エラーコインである。製造時のミスによってしっかり作れなかった<出来そこない>だ。ちょっとミスっただけでは、エラーコインとしての価値は低い。豪快にミスっていれば価値が出る。今回の1円玉は今までに類を見ない程、豪快にミスっていた。

1円玉の面が裏表共にツルツル。端が少しプレスされているだけで、あとはツルツル。見事なまでにエラーコインなのだ。単にツルツルなだけだったら、もしかすると1円玉として識別できず、価値がなかったかもしれない。少しだけプレスされていたから、1円玉として価値が出たと思われる。

オークションの入札件数は153件で、31万円台から一気に100万円台に上昇し、その後240万円になって、最終的に280万円でタイムアウト落札となった。1円玉に280万円も出せる人がいるとはビックリだ。

もしかすると、貴方の財布にもエラーコインが入っているかもしれない。自分の財布を調べてみたが、普通の1円玉しか入っていなかった。悲しい。どこかにエラーコイン落ちてないかな?

※画像:ヤフオクより引用

引用元:
http://getnews.jp/archives/564605
ヤフオクで1円玉が280万円で落札されたんだが笑ってもいいかな?

あなたは、一般大衆や、
“常識”に埋もれてませんか?

その他大勢と異なるというだけで、
どんなものであろうとも、
どんな人であろうとも、
“価値”が生まれます。

例え、エラーや間違いをしても、
その経験から、
あなたも、その他大勢から、
突き抜けることができるのです。

結果、
あなたの価値を認める人が増え、
あなたの収入も、
勝手に高まっていくのです。

エラーや、失敗ってものも、
あなたの人生にとって、
確実にプラスになるんです。

是非、参考にしてみてください。

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP