貧乏アイデアマンを卒業する方法

こんにちは、
深作浩一郎です。

これまでにない
企画やアイデアを引き出す方法について
質問があったので回答しておきます。

結論、私が取組むのは
非日常空間に出かけることです。

例えば
メルマガなどの情報配信で
いつでも、まぁまぁな金額のお金を
いつでも稼げるようになると
真の意味で
時間を自由に使えるようになれます。

それこそ、お洒落なオープンカフェで
美味しいランチとコーヒーを飲みながら
食事後にパパッとメルマガ原稿を作成し
今日の仕事は終了。

私もたまに家にこもりすぎて
脳みそが窮屈になってきたら
表参道あたりに出向き
お気に入りのカフェの
オープンテラスにてオシャンティに
仕事してたりもします。

で、最低限の仕事が終わったら
あとは一段落するまで
その場から離れません。

コーヒー1杯、ときにはおかわりで
「一段落するまで帰られない」と決め
取組みます。

オープンテラスだと、夜は
寒くなりますし場合によっては
その店の、別に注文したくもなく
少しお高いディナーを頼まないと
席にいられなくなるので
ある意味、必死になれます。

そして
パソコンと向き合って、ときには
ボールペン片手に手帳やメモに
アイデアや企画の実現方法を
書きなぐっていきます。

そんな一日を過ごして
企画・アイデア事に一日を
費やすこともありますね。

私からすれば
メルマガを書くことは
歯を磨くことと同じで
習慣化されているので
とても簡単な作業なのですが、、、

過去思いついた企画を
練り上げてリリースするには
どうすればいいのかなど
アイデアを考えてまとめる方が
私にとって脳みそが疲れます。

もし、自分で考えたアイデアを
形にして収入を稼ぎたい場合は
引き続き私についてきてください、

MAUでも公開していきますが
テンプレートを作成中です。

情報発信の楽しさは
自分の頭で描いた企画を
実現できることだと思いますので
「自称アイデアマン」や
「自称プランナー」を卒業して

「稼げるアイデアマン」
「本物のプランナー」として
活躍していただければと思います。

それでは、テンプレートの配布を
お待ちくださいませ!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP