億を稼がないと自由になれないのか?

こんにちは、
深作浩一郎です。

この業界では数年前に
億を稼ぐことがカッコいい、と
されてる時期がありました。

まぁ、実際
カッコいいと思います。

ただ、冷静に考えると
年商(年収)1億円を越えないと
果たしてお金持ちでは
ないのでしょうか。

賢いあなたが想像してるように
結論から述べれば
1億円なんてなくても
十分すぎるほど
金銭的自由に過ごせます。

というか1億円を稼ぐと
税金が結構大変なことになりますので
その対策も、なかなかどうして、
ゴニョゴニョなことがあるでしょう。

個人的には諸々のバランスをとって
自由に使えるお金が
「2000万円」あることが
過去の体験上まずは体験するべきかな、と。

自分の住みたい家に住んで、
欲しいものはなんでも買えるようになって
行きたい場所へもいつでも旅行すような
時間的自由と経済的自由を手にするには

個人的な過去の体験談からは
自由に使えるお金が
2000万円あれば十分です。

残念ながら
多くの方が口々にするような
年間1000万円や
月間100万円では
あまり金銭的には
自由ではありません。

もちろん、そこそこの
余裕ある生活はできると思います。

しかし、稼ぎ出しのときこそ

“手元に入る莫大なお金を
無駄遣いせずに我慢できる
マインドセット”

こそが求められます。

これがしっかりしていないと
年間1000万円程度のお金では
中途半端に散在して
終わる未来が鮮明に描けますね。

なので、まずは目標として
年間2000万円を目指してください。

それくらい稼げるようになれば
どんな店で外食をしても
一切値段を見ることなく
食事を注文できます。

ちなみに私は
基本的に
昼も夜も外食です。

私は都心に住んでますので
飲食店が近所に多数あるので
散歩がてらランチを食べて
その返りにスタバで仕事して
家に帰って、
用事がなければビジネスをする
という生活が多いです。

ただまぁ、ここで重要なのは
食べたいものを食べる生活を
しているということ。

金額的には安めの
牛丼やラーメンが
食べたいときは
容赦なく食べます。

牛丼に、
50円の生卵をつけるか迷って
結局、付けないことが多いです。

いくら稼いでも
そんなもんです。

その一方で
お寿司が食べたいとなれば

某メガバンク頭取が常連の
値段のないお寿司屋さんや

銀座のミシュラン星付きの
素敵なお寿司屋さんや

予約で4ヶ月待ちになる
カウンター7席だけの
絶品な寿司屋さんにも

築地・銀座の鮨職人が
こぞって研究しに訪れる
札幌の最上級寿司屋さんでも

情熱大陸に出演した
札幌のお寿司屋さんでも

予約がとれれば
いつでもフラッといきます。

食べるのが好きな私が
大事にしているマインドは

“食べたいものをストレスなく食べる”

というものです。

・・・

・・・

生魚が苦手な方からすると

「深作浩一郎サンが行くの
寿司屋ばかりじゃねーか」と

ゲッソりするような話で
恐縮です。

まぁ、オチはオチでも
中落ちくらいオチれば
良いと思いますし

せっかくですので
ビジネス上の目標設定として
“肝”だけでもお伝えできればと
思ってます。

・・・

ま、まぁ(´ω`)ノ

す、すべりまくってますが
結論として

「今、自分が食べたいものを食べる」

という現代人の本能に
忠実に生き続けるためには

「億を越えなくても十分自由になれる」

ということでした。(*´ω`)

自由な起業家たるべき者、
売上ではなく利益と生産性を追って
まずは年間2000万円です。

まずは年間2000万円程度でいいので
これを目標にしてみてください。

それでは!

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP