アリストテレスに学ぶ薄っぺらいセールスを克服する方法

こんにちは、
深作浩一郎です、

最近、思うのですが
ビジネス歴の浅く弱い人の
意見は薄っぺらいです。

的を外している意見が
ほとんどです。

説得力に欠けて
納得度が低いために
セールスをしても
オファーをしても
成約が少なかったり
反響を得られないことが多いです。

では、どのようにして
説得力や納得度を高めればいいのでしょうか。

究極的には
経験を積む、ということです。

残酷な現実ですが
経験を積むこと以上の武器は
ないのです。

もちろん、
コピーライティングのノウハウなども
セールスをするうえでは
とても強い武器になります。

コピーライティングのノウハウには
即効性もあります。

コピーライティングのノウハウは
誰でも扱うことができます。

しかし、
コピーライティングのノウハウは
付け焼き刃に近いともいえます。

誰でも使える以上、
誰が言っても同じになることもあるのです。

では、どこで差をつけるといえば
やはり、あなたならではの経験です。

あなたならではの経験と言葉こそ
相手を納得させるために
大きな要素として動くのです。

アリストテレスの弁論術でも

・論理
・感情
・信頼

の3本柱が人を動かすポイントとして
学ぶことができますすが
今回お伝えしたのは
アリストテレスの弁論術的には
論理と信頼を
同時に手にするための方法です。

ご参考までに。

深作浩一郎

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP