アムトゥル(AMTUL)とは?アムトゥル(AMTUL)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、アムトゥル(AMTUL)を解説していきます。

アムトゥル(AMTUL)、もしくは、アムトゥル(AMTUL)の法則とは、
消費者の購買行動に関する心理プロセスを表したマーケティング用語です。

Awareness(認知)、Memory(記憶)、Trial(試用)、Usage(本格的使用)、Loyalty(愛用固定)
それぞれの単語の頭文字を取って、AMTUL、アムトゥルと呼ばれるようになりました。

同じような消費者の購買行動に関する新リプロセスを表した言葉に
アイドマ(AIDMA)、アイドマ(AIDMA)の法則、
アイーダ(AIDA)、アイーダ(AIDA)の法則などの言葉がありますが、

アイドマ(AIDMA)やアイーダ(AIDA)が短期的な購買行動の心理プロセスを表しているのに対し、
今回解説するアムトゥル(AMTUL)は長期的な心理プロセスをモデル化したマーケティングの用語になります。

消費者が商品やブランドを認知、知ってから、
愛用する、継続的に使うようになるまでの購買行動、心理プロセスが

Awareness(認知)

Memory(記憶)

Trial(試用)

Usage(本格的使用)

Loyalty(愛用固定)

という流れになっていると仮定し、モデル化したのが
アムトゥル(AMTUL)、またはアムトゥル(AMTUL)の法則です。

アムトゥル(AMTUL)の購買行動、心理プロセスの各段階を丁寧に解説

それでは、アムトゥル(AMTUL)の購買行動、心理プロセスの各段階、
Awareness(認知)、Memory(記憶)、Trial(試用)、Usage(本格的使用)、Loyalty(愛用固定)を
それぞれ1つずつ詳しく解説していきます。

Awareness(認知)

この段階では消費者はまだ商品やブランドのことを知らないので、
まずは知ってもらう、認知してもらう必要があります。

Memory(記憶)

Awareness(認知)で商品やブランドを認知してもらっても、
まだ消費者の中に商品やブランドの記憶が定着していません。

インターネットショッピングで商品を見つけたり、
買い物中に見かけても商品やブランドのことを忘れていますので、
「買おう」「購入しよう」という心理になることはありません。

Trial(試用)

消費者に商品やブランドの記憶が定着し、商品が気になり出しているけど、
まだ「欲しい」「買いたい」という欲求はありません。

実際に商品を使用してもらうことで、
商品やブランドを気に入ってもらい、「欲しい」」と思わせるための段階です。

Usage(本格的使用)

Trial(試用)によって消費者が商品やブランドを気に入れば
最初の商品の購入、初回購入に至ります。

Loyalty(愛用固定)

Usage(本格的使用)によって消費者が商品を初回購入し、
商品やブランドを気に入れば、商品を愛用することになります。

この段階になれば、消費者は商品を愛用しているので、
同じブランド、商品を継続的に購入するようになります。

以上がアムトゥル(AMTUL)、もしくはアムトゥル(AMTUL)の法則の各段階、
Awareness(認知)、Memory(記憶)、Trial(試用)、Usage(本格的使用)、Loyalty(愛用固定)の
詳しい内容、解説になります。

アムトゥル(AMTUL)の各段階を数値化して評価する調査方法

アムトゥル(AMTUL)の各段階でマーケティングがうまくいっているか、
目標を達成できているかは数値化して明確に評価することができます。

「再認知名率」「再生知名率」「使用経験率」「主使用率」「今後の購買意向率」という
5つの指標を利用することによって、アムトゥル(AMTUL)の各段階で
どのくらい目標達成できているかを数値化してとらえることができます。

たとえば、「再認知名率」は「このブランドの商品を知っていますか?」という質問によって、
ブランド名から商品を思い出せるかを測ることができます。

「再生知名率」なら、「●●の商品ジャンルで好きなブランドは何ですか?」と質問することで
ブランド名を出さずに消費者がブランドを思い出せるかを調査することができます。

1回きりの購買を目的にしたアイドマ(AIDMA)、アイーダ(AIDA)に対して、
アムトゥル(AMTUL)は継続的な購買、購入を目的にしている

アイドマ(AIDMA)やアイーダ(AIDA)という購買行動の心理プロセスのモデルが
1回限りの商品の購入、購買行動を表しているのに対し、
アムトゥル(AMTUL)は初回の購入後も継続的に購入する
継続購買の心理プロセスをモデル化しています。

高額な買い切り型の商品の場合、アイドマ(AIDMA)やアイーダ(AIDA)など
1回の購買行動の心理プロセスのモデルを利用したマーケティングを仕掛けることが有効になります。

しかし、たとえば、化粧品など、
ブランドや商品を愛用してもらい、継続利用、継続購入してもらうことが前提の商品の場合、
アイドマ(AIDMA)やアイーダ(AIDA)よりもアムトゥル(AMTUL)を使って
マーケティングを仕掛けていく方が有効で、マーケティングが成功しやすくなります。

以上がマーケティングの用語、アムトゥル(AMTUL)の解説になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP