アーリーアダプター(Early Adopter)とは?アーリーアダプター(Early Adopter)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、アーリーアダプター(Early Adopter)について解説していきます。

アーリーアダプター(Early Adopter)は
イノベーター理論に登場する5つの消費者のグループの1つです。

イノベーター理論は1962年にアメリカのスタンフォード大学の社会学者、
エベレット・M・ロジャース教授が提唱した
新商品の購入の早さによって消費者を5つのグループに分類する理論です。

5つのグループは、新商品の購入が早い順に、

1:イノベーター

2:アーリーアダプター

3:アーリーマジョリティ

4:レイトマジョリティ

5:ラガード

という5つのグループになっています。

そのうち、今回解説するアーリーアダプターは2番目に
新商品の購入が早いグループになっています。

特徴としては、非常に流行に敏感な人たちで、
情報収集を自ら積極的に行い、自己判断をする人たちです。

オピニオンリーダーと呼ばれることもあり、
他の消費者層への影響力も非常に大きいグループです。

割合としては、市場全体の13.5%と言われています。

アーリーアダプターは日本の「オタク」?

簡単に説明すれば、アーリーアダプターとは
新しい商品やサービスがあればすぐに飛びつくような人たちを表しています。

いわゆる、新しい物好きと呼ばれるような人たちです。

そして、このアーリーアダプターの分かりやすい例が、
私たちの住む日本の文化にもなりつつある「オタク」という存在です。

「オタク」とは、何か特定のことに熱狂的な興味や欲望を持っている人たちです。

わざわざ新しいラーメン屋を巡るためだけに来るまで東京を巡ったりと、
自分の好きなことにこだわりを持って行動をする人たちです。

つまり、新しい商品を開発したり、サービスを開始する場合、
彼ら「オタク」から支持されることがなければ、
その商品やサービスの開発が成功することはないはずなのです。

アーリーアダプターの獲得は、ビジネスを成功させるには非常に有効な手段なのです。

シリコンバレーで成功している企業はアーリーアダプターを獲得している

特に、シリコンバレーの企業には、アーリーアダプターの獲得によって
成功している企業が複数あります。

その実例を紹介していきます。

4年足らずで世界35都市に進出している超急成長中のUber

スマホを使ってタクシーやハイヤーを呼べるサービスのUberです。

日本でも少しずつ利用する人が増えてきて話題になっています。

シリコンバレーで開催されたイベントで参加者に対して無料でサービスを提供したところ、
イベント参加者たちはUberのサービスに飛びつき、
SNSやブログなど、WebメディアでUberのサービスは拡散されました。

テック系のメディアやSNSで話題になったUberは
4年足らずで世界35都市以上に進出し、サービスを展開しています。

毎日3億5,000万枚以上の写真がシェアされるSnapchat

Snapchatは送信したメッセージや写真・画像などが
受信者が見てから一定時間、最大でも10秒後には消える機能を持ったSNSです。

創業者が在学しているスタンフォード大学ではうまくいきませんでしたが、
高校生のいとこがSnapchatのことを知り、興味を持ち、
地元の高校の友達に広めた結果、人気が出始めました。

その後、まもなく全米の高校生に広まり、
2,600万人以上のユーザーを抱えるSNSに成長しています。

世界190ヶ国で1000万人以上の旅行者から愛されるAirbnb

最近日本でも話題になっているサービス、Airbnbです。

Airbnbのサービスは、空き部屋を短期間貸したい人、
旅行先で宿泊先を探している人を探して、
マッチングさせる、かなり新しいサービスです。

Airbnbは自社サービスのアーリーアダプターになる旅行者は
普通のホテルに宿泊しないと考えて、
Craigslistというアメリカの広告サイトで宿泊先を探すだろうと予想し、
Craigslistのサイト内で宿泊希望者を募集する仕組みを作りました。

Craigslistの知名度を巧みに利用したこの方法によって、
Airbnbはアーリーアダプターの獲得に成功し、
現在では世界190カ国の55万カ所にホスト先がある、
1,000万人の旅行者が利用する巨大なサービスに成長しました。

アーリーアダプターを獲得することで、自社商品・サービスを拡散できる

シリコンバレーの3つの企業の成功例からも分かるように、
アーリーアダプターを獲得することができれば、
自社の商品やサービスを一気に拡散させ、知名度を向上させることができます。

いかに他の消費者層に影響力を持ったアーリーアダプターを獲得することができるか、
これがインターネットやSNS、Webメディアが普及した現代のマーケティングのポイントになります。

以上がマーケティングの用語、アーリーアダプターの解説になります。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP