PDCAサイクルとは?PDCAサイクルの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、PDCAサイクルの意味を解説していきます。

PDCAサイクルとは生産管理や継続的な業務おいて
一般的に使われている管理主要を指すマーケティングの用語です。

PDCAサイクルのPDCAとは、
Plan(計画)、Do(実施・実行)、Check(点検・評価)、Action(処置・改善)の
頭文字を取り省略した言葉です。

Plan(計画)

Do(実施・実行)

Check(点検・評価)

Action(処置・改善)

これら4つのプロセスをPDCAと呼び、
再び最初のP、Plan(計画)に戻り同じプロセスを
サイクルとして回していき、
業務の改善点を明らかにし、品質や成果を向上させることが
PDCAサイクルになります。

PDCAサイクルサイクルは第二次世界大戦後に
品質管理を構築した
ウォルター・シューハート、エドワーズ・デミングが提唱しました。

そのため、PDCAサイクルの他にも
シューハート・サイクルやデミング・ホイールとも
呼ばれることのあるマーケティング用語です。

PDCAサイクルは業務を繰り返し、品質を向上させていくための手法

PDCAサイクルでは、最初に目標を設定し、
その目標に沿った計画を立てていきます。

そして実際に計画を実行してみて、
途中で結果を測定し、評価していきます。

この段階・プロセスで問題点や改善すべき点を見つけ、
その部分を改善していくことによって
品質を向上していく手法がPDCAサイクルです。

PDCAサイクルの各プロセスの詳細

では、PDCAサイクルの4つのプロセス、
Plan(計画)、Do(実施・実行)、Check(点検・評価)、Action(処置・改善)は
それぞれどのような意味があり、何をするプロセスなのか、
ひとつずつ詳しく解説していきます。

PDCAサイクルのPlan(計画)

ビジネス、プロジェクトにおける目標を設定し、
その目標を達成するために何をするべきかの仮説を立てていく
PDCAサイクルの一番最初のプロセスです。

基本の5W1Hである
何をするのか、誰に対してするのか、なぜするのか、
どのくらいの量を行うのか、いつまでに行うのか、
これらを詳しく分解して計画を立てます。

PDCAサイクルのDo(実施・実行)

Plan(計画)のプロセスで立てた計画を
実際に実行していくPDCAサイクルのプロセスです。

Do(実施・実行)のコツとしては、
実行した結果どうなったのかが分かるように、
時間を計ったり数字を数えたりしていくことです。

PDCAサイクルのCheck(点検・評価)

計画に沿って実行できているかを検証していく
PDCAサイクルにおけるプロセスです。

Do(実施・実行)のプロセスで数字を付けたり、時間を計るなど、
記録をしておくことで正確な検証ができるようになります。

PDCAサイクルのAction(処置・改善)

Check(点検・評価)で明確になった課題について
解決策を考えて、改善していくPDCAサイクルのプロセスです。

計画を実行してみて、このまま続けるのか、
それとも止めるのか、改善点を修正した上で続けるのか、
Action(処置・改善)のプロセスで考えていきます。

PDCAサイクルをうまく回していく3つのコツ

では、PDCAサイクルをうまく回していくためには
どうすればいいのでしょうか?

PDCAサイクルを回していくための3つのコツがありますので、
それらを紹介していきます。

PDCAサイクルのコツ1:目的や目標は明確に設定する

PDCAサイクルにおいて目的・目標は
最も重要な要素であると考えることができます。

そのため、目的や目標を明確にすることによって
自分たちが何のために行動しているのか、
目標を美羽しなることを防ぐことができるのです。

PDCAサイクルのコツ2:定期的なCheck(点検・評価)

定期的にCheck(点検・評価)を行うことも重要です。

この際に確認だけでなく、
次の改善案などを考えておくことによって
継続的にPDCAサイクルを回すことにつながっていきます。

PDCAサイクルのコツ3:レポートにまとめる

Plan(計画)、Do(実施・実行)、Check(点検・評価)、
それぞれの段階で明らかになったことを
レポートにまとめておくことによって、
変化に気付くことができ、その要因を分析することができます。

PDCAサイクルを回していく上で
前回の施策の結果から改善をしていった結果どうなったのか、
それを常に分かるようにレポートにまとめておくことが重要になります。

まとめ:PDCAサイクル

PDCAサイクルはあらゆるビジネス、マーケティング、業務に応用が効きます。

もしうまく行っていない業務がある場合、
それはPDCAサイクルをうまく回すことができていない
可能性もあります。

PDCAサイクルを取り入れることによって
業務を改善していくことが
マーケティング、ビジネスの成功には必要になるのです」。

以上が、マーケティングの用語、PDCAサイクルの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP