ガラケーとは?ガラケー(ガラパゴスケータイ)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ガラケー(ガラパゴスケータイ)の意味を解説していきます。

ガラケー(ガラパゴスケータイ)とは
スマホ(スマートフォン)と対になる機種の携帯電話を指す
マーケティング用語です。

ガラケー(ガラパゴスケータイ)は日本独自の呼び名で、
一般的にスマホ(スマートフォン)が普及する前に
日本で普及していた従来の携帯電話を指しています。

ガラケー(ガラパゴスケータイ)に明確な定義はないものの、
スマホ(スマートフォン)と対比で使われることが多い表現です。

ガラケーは「ガラパゴス」ケータイの略

ガラケーとはガラパゴス・ケータイを省略した言葉です。

ガラパゴスとは
周辺の地域から海によって隔離されたことによって
独自の生態系を維持してきたガラパゴス諸島のことを指します。

おサイフケータイ機能、ワンセグ機能、
キャリアによる独自ネットワークの機能など、
国際標準から外れた日本国内で独自の進化を遂げた
携帯電話であることから、
独自の進化をしてきたガラパゴス諸島の生態系に喩え、
ガラケー(ガラパゴスケータイ)と呼ばれるようになりました。

世界標準から外れ、
日本独自で開発が進んで発達したことが
ガラケー(ガラパゴスケータイ)が世界進出
できなかった原因だとも考えられています。

ガラケー(ガラパゴスケータイ)の特徴

ガラケー(ガラパゴスケータイ)の特徴として、
国際的には一般的ではない、
日本だけで発達した機能が組み込まれていることがあります。

■おサイフケータイ機能

■ワンセグ機能

■赤外線通信機能

■キャリアによる独自ネットワーク機能

これらの機能がガラケー(ガラパゴスケータイ)の特徴であり、
ガラケー(ガラパゴスケータイ)と呼ばれる機種には
これらの機能の全て、または一部が組み込まれています。

ガラケー(ガラパゴスケータイ)の特徴を持った「ガラスマ」

また、現在ではスマホ(スマートフォン)に
ガラケー(ガラパゴスケータイ)独自の機能を搭載した
モデルも多く発売されています。

それらの機種のことを
ガラケー(ガラパゴスケータイ)とスマホ(スマートフォン)を合わせ、
「ガラスマ」という呼び方で呼ばれています。

スマホ(スマートフォン)が普及した現在でも
多くの日本人にとって慣れ親しんだ
ガラケー(ガラパゴスケータイ)独自の機能がなくなることは
不便であると思われたことからガラスマが登場したのです。

ガラケー(ガラパゴスケータイ)の類義語:フィーチャーフォン

ガラケー(ガラパゴスケータイ)と同じ様な意味で使われる言葉に
フィーチャーフォンという言葉があります。

フィーチャーフォンの定義として一般的なのは
メール・電話など通信機能以外に何かしらの機能が組み込まれた
携帯電話のことを指します。

ただし、ガラケー(ガラパゴスケータイ)の定義が曖昧なこともあり、
ほとんどの場合、フィーチャーフォンは
ガラケー(ガラパゴスケータイ)と同じような意味で使われています。

そのため、フィーチャーフォン≒ガラケー(ガラパゴスケータイ)と
考えておいて問題ないはずです。

スマホ(スマートフォン)が普及した現在でもガラケー(ガラパゴスケータイ)は人気が落ちない

世界的にスマホ(スマートフォン)の普及が進み、
日本でも多くの人がガラケー(ガラパゴスケータイ)から
スマホ(スマートフォン)へと移行しました。

しかし、その一方で、日本では
ガラケー(ガラパゴスケータイ)独自の機能・操作性に親しみを持ち、
スマホ(スマートフォン)ではなくガラケー(ガラパゴスケータイ)を
選択し続ける消費者も非常に多くいます。

そのため、ガラケー(ガラパゴスケータイ)の人気は根強く残っていて、
スマホ(スマートフォン)が普及した後でも日本では
ガラケー(ガラパゴスケータイ)の新機種が開発され続けました。

一般的にはスマホ(スマートフォン)が優れていると言われますが、
ガラケー(ガラパゴスケータイ)の充実した機能を
使い続けたいと考える人も多く、
そのため日本では
スマホ(スマートフォン)とガラケー(ガラパゴスケータイ)を
両方持ち歩く「2台持ち」というスタイルの人もいます。

それだけ日本ではガラケー(ガラパゴスケータイ)が普及し、
今でも手放せない人が出るくらいに人気があるのです。

まとめ:ガラケー(ガラパゴスケータイ)

現在ではガラケー(ガラパゴスケータイ)の
部品やOSに大きなコストがかかることから
ガラケー(ガラパゴスケータイ)の開発は終了しました。

しかし、スマホ(スマートフォン)向けの部品やOSで
ガラケー(ガラパゴスケータイ)と同じように使える
携帯電話の機種が開発されるなど、
日本では今後もガラケー(ガラパゴスケータイ)の
需要がなくならないと考えることができます。

今後も日本では独自の進化を遂げた
ガラケー(ガラパゴスケータイ)は
多くの人からの需要を生み出すことになるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、ガラケー(ガラパゴスケータイ)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP