ZMOTとは?ZMOT(ジーモット)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ZMOT(ジーモット)の意味を解説していきます。

ZMOT(ジーモット)とは
2011年にGoogleが提唱した
消費者の購買行動、購買意思決定に関する
マーケティングモデル、概念のことです。

消費者が商品を購入するために店頭に足を運ぶ前の
買い物の下調べの段階のことをZMOT(ジーモット)と言います。

または、消費者は店頭に足を運ぶ前の
下調べの段階ですでにどの商品を買うかの意思決定がされていることを
ZMOT(ジーモット)と呼びます。

Zero Moment of Truthのそれぞれの単語の頭文字を取り、
省略してZMOT(ジーモット)と呼ばれるようになりました。

ZMOT(ジーモット)とFMOT(エフモット)

ZMOT(ジーモット)が店頭に足を運ぶ前段階の下調べや
すでに店頭に足を運ぶ時には購入する商品が
決まっている状態のことを指すのに対し、
FMOT(エフモット)という言葉があります。

FMOT(エフモット)はZMOT(ジーモット)が提唱される前に
P&G社が提唱したマーケティングの概念です。

First Moment of Truthを省略した言葉であり、
消費者が転倒で商品パッケージやディスプレイを
実際に見て購入を決定するという考え方の
マーケティングモデルです。

これまではFMOT(エフモット)の考え方、概念が
マーケティングでは重視されてきましたが、
現在ではFMOT(エフモット)よりも
ZMOT(ジーモット)の行動モデルによって
消費者は商品を購入すると言われています。

インターネットやスマートフォン、タブレットの普及でZMOT(ジーモット)が重要視される

現在では、消費者が店頭に足を運ぶ前に
すでにどの商品を買うかの意思決定がされているという
ZMOT(ジーモット)のモデル、概念を前提とした
マーケティングの転回が重要とされています。

インターネットやWebメディアが発展し、
また、スマートフォンやタブレットが普及したことで
消費者にとってインターネットが身近な存在になっています。

そのため、インターネット検索をどこでも利用でき、
また、口コミサイトのレビューやソーシャルメディアによる
友達の情報などを参考にした商品の下調べができるようになりました。

そのため、消費者が商品について持つ情報の質・量、
ともに向上したために、
FMOT(エフモット)ではなく、ZMOT(ジーモット)の考え方、概念で
消費者は商品の購入を決定すると言われています。

そのため、自社製品を消費者に売るためにも
ZMOT(ジーモット)を最適化するための
Webマーケティングなどの施策が必要となってきます。

ZMOT(ジーモット)はプレストアマーケティングの概念

ZMOT(ジーモット)はプレストアマーケティングの
概念とも呼ばれています。

2004年にP&G社によって提唱されたFMOT(エフモット)では
消費者の商品の購入に関する意思決定は
店頭で商品を実際に見てから3秒〜7秒の間で決まると言われます。

そのため、FMOT(エフモット)は
インストアマーケティングの概念とも呼ばれています。

それに対してZMOT(ジーモット)は
店頭に脚を運ぶ前のインターネット検索による情報収集、
口コミサイトのレビューやSNSでの友達からの情報で
店頭に行く前にdの商品を購入するかが
決まっているというマーケティングの概念、モデルです。

そのため、実質的な商品の購買意思決定の瞬間が
実際に店頭で商品を見る前の
インターネット上での情報収集の段階にあることから
ZMOT(ジーモット)はプレストアマーケティングと呼ばれています。

ZMOT(ジーモット)をマーケティングに活用する方法

では、ZMOT(ジーモット)をマーケティングに
活用していくためにはどのようなことをすればいいのでしょうか?

最初に自社のZMOT(ジーモット)における
状況、位置付けを確認する必要があります。

自社のブランドや商品名でインターネット検索を行うことで
レビューサイトでの口コミや評判などを確認することができます。

そして、具体的にZMOT(ジーモット)をマーケティングに活用する方法として
インターネットを使った広告を利用する方法があります。

PPC広告などのインターネット広告を利用したり、
自社のSNSアカウント、自社のWebメディアを構築することで
商品の下調べの段階の消費者に対して
アピールや販促活動を行っていきます。

まとめ:ZMOT(ジーモット)は今後も重要視される概念

今後もインターネットやWebメディアの普及が進むと考えられるので、
ZMOT(ジーモット)の概念は非常に重要視され、
ZMOT(ジーモット)を最適化するためのマーケティング施策が
必要とされていくと考えられます。

そのため、Webサイトの構築などでも
常にZMOT(ジーモット)の概念を前提としていく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、ZMOT(ジーモット)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP