アーンドメディアとは?アーンドメディアの意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティングの用語、アーンドメディアの意味を解説していきます。

アーンドメディアとは
ペイドメディア、オウンドメディアと並んで
トリプルメディアの一つとされるメディアです。

2009年頃に日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が提唱したと言われているモデルです。

ペイドメディアが広告費を払って広告を掲載するメディア、
オウンドメディアが自社で所有しているメディアで、
それら2つのメディアに対してアーンドメディアは
顧客からの信頼や評判を獲得するためのメディアと呼ばれています。

そのため、アーンドメディアでは
ユーザーが主導となって
企業が信頼や評判を獲得していくことが目的です。

ソーシャルメディアをはじめ、
口コミ情報などを掲載するブログなどが
アーンドメディアということになります。

アーンドメディアは企業が消費者の共感を得るためのメディア

企業にとってのアーンドメディアの役割は
消費者からの共感を得ることになります。

アーンドメディアで消費者の共感を得るためには
消費者の体験情報をきっかけにして良い情報発信の循環を作ることで
口コミの連鎖を作っていくことが必要になります。

その際に利用されるのがTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア、
口コミ情報のブログなどであり、
それらのメディアがアーンドメディアということになります。

インターネットやこれらのWebメディアが発展したこともあり
現代では1ユーザーとして消費者がアーンドメディアで発信する情報が
日々増加しています。

そのため、アーンドメディアは
現在は消費者から最も高い信頼を寄せられている
メディアであるとも言われています。

ですので、アーンドメディアを利用することによって
自社ブランドの認知度向上や
商品の売り上げを伸ばす効果などが期待されています。

アーンドメディアは企業によってコントロールができない

その一方で、アーンドメディアには
企業が情報をコントロールできないという面もあります。

直接的なプロモーションができないため、
アーンドメディアでは
企業によって情報のコントロールをすることができないのです。

そのため、商品やブランドに対する誤った情報、
批判の口コミやレビューがアーンドメディアに上がった場合には、
非常に短時間で、また、広範囲に情報が拡散されてしまいます。

多くの企業はアーンドメディアの情報拡散のスピード、
そして範囲の広さに翻弄されてしまうことになります。

そのため、アーンドメディアは情報発信に利用するのではなく、
あくまで価値ある消費者の声を傾聴することに
注力する利用の仕方をするべきだと言われています。

情報発信を行う場合にはアーンドメディアよりも
自社で情報をコントロールすることができる
オウンドメディアを利用することが理想的だとされています。

アーンドメディア以外のトリプルメディア

では、アーンドメディア以外のトリプルメディア、
ペイドメディア、オウンドメディアにはどのような特徴があるのかも
ここで解説していきます。

アーンドメディア以外のトリプルメディア:ペイドメディア

ペイドメディアは広告費を支払うことによって
広告を出稿することのできるメディアです。

「関心をつくる」ことが目的とされているメディアで、
マス広告やインターネット広告がこのペイドメディアに分類されます。

アーンドメディアと比較した際の特徴としては
費用をかけることによって
より効果を高めていくことができるという特徴があります。

アーンドメディア以外のトリプルメディア:オウンドメディア

自社が所有しているメディアのことを指します。

消費者に対して「理解を促す」ことが目的です。

具体的には自社のWebサイトやメールマガジンのことで、
アーンドメディアと比較した場合には
コントロールがしやすいという特徴があります。

まとめ:アーンドメディアは他のトリプルメディアとの連携が大切になる

アーンドメディアには消費者から信頼されるというメリットの一方、
企業ではコントロールできないというデメリットもあります。

そのため、アーンドメディアをマーケティングで利用する場合、
他のトリプルメディア、ペイドメディア・オウンドメディアと
連携して利用していくことが大切になります。

最初にペイドメディアを利用してマス広告やインターネット広告で
なるべく多くの消費者に自社商品やブランドを認知させます。

そして、オウンドメディアを利用して
消費者に理解・販促を行います。

最後に実際に商品を購入した顧客が
アーンドメディアによって情報を拡散し、
消費者のファン化を進めていきます。

一般的にはトリプルメディアをこのように連携させることによって
アーンドメディアをはじめ、
それぞれのメディアの特徴を活かしたマーケティングの
構築ができるようになります。

アーンドメディア、ペイドメディア、オウンドメディア、
それぞれの特徴を理解、把握しておき、
マーケティングの目的と用途に応じて最適化することが
トリプルメディアを使った成功につながります。

以上が、マーケティングの用語、アーンドメディアの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP