ダイレクトメディアとは?ダイレクトメディアの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ダイレクトメディアの意味を解説します。

ダイレクトメディアとは見込み客に対して
個別にコミュニケーションを取ることができる手段のことです。

見込み客に直接、つまり、ダイレクトに届くメディアであることから
ダイレクトメディアと呼ばれています。

ダイレクトメディアの反対語として、不特定多数の消費者に対して
同じメッセージを発信するためのメディア、マスメディアがあります。

ダイレクトメディアはダイレクトマーケティングで利用される個々の見込み客にメッセージを届けるための手法

ダイレクトメディアが利用されるのは
個々の見込み客に合わせたメッセージを直接届けたり、
プロモーションを届けるダイレクトマーケティングです。

従来のマーケティング・プロモーションでは個人を特定せず
不特定多数に対してメッセージや広告を届ける
マスマーケティングが主流でした。

そして、マスマーケティングで不特定多数に対して
メッセージを届けるためのメディアがマスメディアです。

マスメディアの具体例としては
テレビやラジオ、雑誌の広告などがあります。

それに対して、個々の見込み客に対して直接メッセージを届ける
ダイレクトマーケティングで使われるのが
ダイレクトメディアになるのです。

ダイレクトメディアの具体例

では、ダイレクトメディアとは
具体的にどのようなメディア、媒体になるのでしょうか?

ダイレクトメディアは1人の顧客に対して直接メッセージを送れるメディアになるので、
たとえば、DM(ダイレクトメール)や電話、Eメール、FAXなどがあります。

DM(ダイレクトメール)の場合は特に、
ハガキや封筒で届ける場合もあれば、
パンフレットやカタログなどで届ける場合もあります。

また、ダイレクトメディアを使ったダイレクトマーケティングの中でも
特に電話を使ったマーケティングはテレマーケティングと呼ばれます。

ダイレクトメディアの主流はDM(ダイレクトメール)からEメールに移行している

ダイレクトメディアと言えば、以前はB to Bマーケティングでの
紙媒体を使ったDM(ダイレクトメール)が主流でした。

しかし、Webメディアの発展やインターネットが普及したことから
現在では低コストで使え、また、すぐに届くEメールが主流になっています。

企業間取引のB to Bマーケティングの場合、
特定の人との専門的なコミュニケーションを取る必要があるため、
このダイレクトメディアが重要な役割を果たします。

ダイレクトメディアの中でも特に、見込み客企業の担当者に対して、
直接、素早くメッセージを送ることができる
Eメールが主流となっているのです。

ダイレクトメディアを利用するメリット

ダイレクトメディアを利用することによって
特定個人のニーズ、状況などを判断して個別の対応を取れるというメリットがあります。

そのため、ダイレクトメディアを使うことで、
マーケティングに必要な情報を引き出したり、アポイントメントを取ること、
他にも購買の契約を結ぶ(成約・コンバージョン)までが有効になります。

また、ダイレクトメディアを使うことによって
直接面会することがなくてもコミュニケーションを取ることができるので、
相手が全国、全世界どこにいてもメッセージが届くという
地理的制約がなくなるメリットも非常に大きいです。

ダイレクトメディアを利用するデメリット

逆に、ダイレクトメディアを利用することによるデメリットも存在します。

ダイレクトメディアを使っていきなり営業をかけたり、
まだ教育・啓蒙が進んでいない見込み客に対してダイレクトメディアを使って
連絡をとる場合、警戒される場合もあります。

その結果、無視されてしまったり、場合によっては
「連絡先を不正に入手したのではないか」と思われて
最悪の場合、個人情報の不正利用を疑われる場合もあります。

そのため、ダイレクトメディアを使って
マーケティング活動や営業活動を行う場合には、
見込み客との関係性や距離に十分に注意する必要があります。

ダイレクトメディアを利用する場合、高いコストが必要になる

ダイレクトメディアを利用する場合には、
見込み客の数が増えることに比例して、コストもかかることになります。

電話やDM(ダイレクトメール)の場合は利用する回数でコストが増えていくので
利用する見込み客をしっかりと絞った上で利用する必要性が出てきます。

Eメールの場合はコストはかかりにくい傾向がありますが、
広告や宣伝を目的としたメールの場合、迷惑メール判定を受ける可能性があり、
しっかりと見込み客の元に届けるためには
サーバーやドメインなど、コストをかけた対策が必要になる場合があります。

まとめ:ダイレクトメディア

ダイレクトメディアは顧客のニーズや要望が多様化した現代では
非常に重要なマーケティングのメディアになります。

そのため、ダイレクトメディアを使ったマーケティング戦略、
効果的なダイレクトメディアの使い方が重要視されていくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、ダイレクトメディアの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP