皆が話題にしているTwitter(ツイッター)とは?まとめ

マーケティングの用語、Twitter(ツイッター)の意味を解説していきます。

Twitter(ツイッター)は2006年にアメリカで始まった
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。

140文字以内の短いツイート(つぶやき)と呼ばれる文章を使い
ユーザー間でのコミュニケーションを取ります。

2008年に日本でもサービスが始まり、
現在ではTwitterは世界的に人気のあるSNSとなりいます。

Nielsen NetRatings NetViewの調査まとめ結果によると、
日本国内の場合、2011年4月の時点で利用者数が
1,500万人を突破したというデータがあります。

Twitter(ツイッター)はブログやSNS、チャットの中間、ミニブログとも呼ばれるサービス

TwitterはSNSやブログ、そしてチャットの中間にあるようなサービスとして、
ミニブログという括りでまとめられ扱われるサービスです。

通常のブログやSNSで投稿する記事の場合、
基本的に文字数の上限がない、または存在しても膨大な数字ですが、
Twitterは140文字以内のツイート(つぶやき)という形式で
自分自身の情報や現在の状況などを発信していきます。

文字数に上限があり、軽い内容の投稿になることから
ミニブログとまとめ呼ばれたりもしています。

また、ユーザーが投稿したツイートは他のユーザーが自由に閲覧でき、
閲覧して気に入ったツイートがあれば「リツイート」によって拡散したり、
また、気に入ったユーザーをフォローして
優先的にそのユーザーのツイートを見ることもできます。

このように、お互いのツイートを介して
ユーザー同士がつながったり、コミュニケーションを取ることもできることから
TwitterはSNSという括りでまとめられ、扱われることもあります。

爆発的なTwitter(ツイッター)の流行

2006年のサービススタートから、
Twitterは爆発的に普及を果たしました。

それには様々な理由がありますが、ここでいくつかTwitterが
一気に世界的なコミュニケーションチャネルになった理由を紹介していきます。

オバマ大統領の選挙で一気にメジャーなコミュニケーションツールとなったTwitter(ツイッター)

アメリカのオバマ元大統領は大統領選挙の際、
Twitterとテレビを連動させる選挙戦略をとりました。

その際に一気にアメリカ全土にTwitterの存在が広がり、
メジャーなコミュニケーションツールとなりました。

Twitter(ツイッター)は携帯電話やスマートフォンから投稿・閲覧ができた

現在では当たり前ですが、
Twitter(ツイッター)はサービス開始当初から携帯電話やスマートフォンでの
投稿や閲覧が可能だったサービスです。

他にも、140文字以内の短い文章でのコミュニケーションだったことが
携帯電話やスマートフォンを中心にインターネットを利用する若い層に受け入れられ
爆発的に普及したと考えられます。

東日本大震災でライフラインとなったTwitter(ツイッター)

2011年3月11日、日本で発生した東日本大震災によって
電話やメールを含む多くの連絡手段が回線のパンクで使えなかった中、
Twitterだけは日本全国で通常通り機能していました。

アメリカのTwitterのエンジニアが日本の大災害を報道で知り、
翌週に実装する予定だったサーバーを使い
日本用のサーバーの数を3倍に増やしたという話があります。

災害時にTwitterだけが連絡手段として機能したという逸話は
日本でも全国的に話題になり、
東日本大震災を機に多くの人がTwitterの利用を開始したという記録もあります。

このように、さまざまな要因が重なったことにより、
Twitterは本国アメリカや日本をはじめ、
世界的に人気のコミュニケーション手段となっているのです。

B to Cマーケティングでも使われるTwitter(ツイッター)

また、多くの消費者とコミュニケーションを直接とれることから、
Twitterは多くの企業がB to Cマーケティングのツールとして利用しています。

顧客のリアルな口コミ情報などが発信されるTwitterは
企業にとって貴重な市場調査(マーケティングリサーチ)の手段となっているのです。

他にも、バズマーケティングやバイラルマーケティングなど、
まとめや口コミを使ったマーケティング戦略においても
Twitterは重要なツールとして利用されています。

まとめ:Twitter(ツイッター)は世界的に主流となったコミュニケーションツール

Twitterは現在、世界的にも主流になっているコミュニケーションツールの1つです。

日本だけじゃなく、外国のユーザーがつぶやいたツイートが話題になることもあるし、
日本人や日本企業のツイートが世界中で話題になることもあります。

マーケティング活動のツールとしてはもちろん、
現在ではTwitterは世界中の人々にとってのライフラインになっているとも言えるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、Twitter(ツイッター)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP