ペネトレイティングプライスとは?ペネトレイティングプライスの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ペネトレイティングプライスの意味を解説していきます。

ペネトレイティングプライスとは、
新商品や新サービスの価格を最初に低価格に設定する価格戦略です。

新商品、新サービスを市場に投入する際にとられる
価格を価格設定の戦略の一つで、
商品やサービスの投入時期に意図的に低めの価格設定を行います。

日本語では市場浸透価格や初期低価格戦略と呼ばれます。

ペネトレイティングプライスの他にも
新商品や新サービスを市場に投入する際の価格設定の戦略には
スキミングプライス(上澄み吸収価格)という、
ペネトレイティングプライスとは逆に
商品やサービスの投入時期に意図的に価格を高く設定する戦略があります。

大量生産が可能な新商品の場合にはペネトレイティングプライスが有効

ペネトレイティングプライスは新商品や新サービスを市場に投入する際の
2つの価格戦略、ペネトレイティングプライスとスキミングプライスのうちの1つです。

ペネトレイティングプライスは
市場浸透価格戦略、初期低価格戦略とも呼ばれ、
新商品や新サービスの発売のタイミングで、
初期胃段階の価格設定を通常よりも低価格にすることによって、
早期の商品の市場への浸透を図る価格戦略になります。

市場に投入する新商品や新サービスの市場での革新性が弱いために
競合が早期に出現する可能性が高い
食品や日用品で採用されることが多くなります。

他にも、単位あたりのコストが安く、
大量生産が可能な新商品では
低価格を設定することによる売上増を見込めるので
ペネトレイティングプライスが有効と考えられます。

ペネトレイティングプライスが採用される3つの条件

新商品や新サービスを市場に投入する際に
ペネトレイティングプライスを採用できるかどうかには
3つの条件があると考えられています。

ペネトレイティングプライスが採用される条件1:新商品の差別化がしにくい場合

市場に投入する新商品が差別化が難しく、
革新性が弱い場合にはペネトレイティングプライスを採用することが有効です。

新商品の差別化が難しかったり、革新性が弱い場合には
競合が早期に参入しやすい状況になってしまいます。

そのため、ペネトレイティングプライスの設定によって
商品を投入してすぐに市場に浸透させ、
高いシェアを狙っていくことが狙いになります。

競合が参入する前に短期間で市場に浸透させ、
刈り取りなどを実現することが狙いになるので、
低価格設定であるペネトレイティングプライスが大きな武器になります。

ペネトレイティングプライスが採用される条件2:新商品の価格の弾力性が大きい

新商品に対する需要の価格弾力性が比較的高く、
価格に対して購入者が敏感である場合には
ペネトレイティングプライスが有効となります。

価格が変化した際に需要が大きく変化しますので、
価格を安く設定することによって需要が大きく増加します。

たとえペネトレイティングプライスで価格を安くしても
商品やサービスの販売量が増加する影響力が大きければ
売上が高くなる可能性もあります。

他に、費用面でのメリットとして
商品の生産規模が大きくなることにより利益が高くなる
「規模の経済」の効果を期待して利益の増大を狙うこともできます。

ペネトレイティングプライスが採用される条件3:新商品のライフサイクルが長いと考えられる場合

新商品のライフサイクルが長い、
つまり、長期間にわたって売上を出し続けると考えられる場合には
ペネトレイティングプライスの導入が効果的だと考えられます。

ペネトレイティングプライスによって低価格戦略を利用し、
商品への浸透を早期実現させ、市場での高いシェアの獲得を目指していきます。

新商品や新サービスの投入時期に高いシェアを確保することで
経験曲線効果が期待されるので、
長期的に利益を得ることができる効果を狙うことができます。

ペネトレイティングプライスについてのまとめ

ペネトレイティングプライスにのメリットや
価格戦略のもう一つの種類のスキミングプライスについてまとめます。

ペネトレイティングプライスを利用して商品を市場に投入する場合には、

「早期での市場への浸透を狙うことができる」

「商品の革新性が弱い場合には新規参入をしづらくできる(参入障壁)」

「価格の弾力性が高く、価格によって需要が変化する場合に有効」

これらの3つのメリットがあると考えることがあります。

新商品を市場に投入する場合には、
2つの価格戦略、ペネトレイティングプライスとスキミングプライス、
それぞれの違いを押さえ、また、それぞれのメリットを理解しておくことが
適切な価格戦略を設定することが大切になってくるのです。

市場浸透価格ののペネトレイティングプライスなのか、
上澄み吸収価格のスキミングプライスなのか、
新商品やサービスに適した価格を選択することが
利益を上げていくためにも大切になってくるのです。

以上が、マーケティングの用語、ペネトレイティングプライスの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP