CPA(顧客獲得単価)とは?CPA(顧客獲得単価)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、CPA(顧客獲得単価)の意味を解説していきます。

CPAは「Cost Per Acquisition(コストパーアクイジション)」
という言葉の頭文字を取ったマーケティングの用語で、
Cost Per Acquisition(コストパーアクイジション)は
顧客獲得単価を意味します。

顧客獲得単価とは、一見の顧客を獲得するためにかかった
コスト、費用のことです。

1件の顧客獲得、つまり、CPA(顧客獲得単価)とは
コンバージョン(成約)にかかった広告コストになりますので、
特にWeb広告の中では最も重要視されている指標の一つだと言われています。

具体的に言うと、Web広告で効果があった広告と判断するには
CPA(顧客獲得単価)の数値が実際に広告にかけたコストよりも
下回っているというのが条件になります。

そのため、Web広告を出稿する際の目標を設定するためには
このCPA(顧客獲得単価)の数値という指標が絶対に必要になるのです。

CPA(顧客獲得単価)は広告を経由してサイトを訪れたユーザーが
商品購入や会員登録などのコンバージョン(成約)をするのに
かかる新規顧客の顧客獲得単価のことですので、
CPA(顧客獲得単価)の数値の算出の方法を計算するには
以下の方法を利用することになります。

CPA(顧客獲得単価)=広告費/コンバージョン数(成約件数)

つまり、広告費をコンバージョン数(成約件数)で割って
CPA(顧客獲得単価)の数値を算出します。

つまり、CPA(顧客獲得単価)の数値がを低く抑えることができれば
それだけ出稿している広告の効果は高いということができるのです。

CPA(顧客獲得単価)を具体例で解説

では、CPA(顧客獲得単価)の算出について
愚弟的な数字の例を出しながら解説していきます。

先ほど説明したように、CPA(顧客獲得単価)の数値は、
CPA(顧客獲得単価)=広告費/コンバージョン数(成約件数)
広告費をコンバージョン数(成約件数)で割ることによって算出できます。

たとえば、10万円の広告費用を使ってWeb広告、
インターネットの広告を出稿したとします。

10万円をかけて出稿した広告から
1,000人のユーザーの会員登録や商品、サービスの購入があった場合、
CPA(顧客獲得単価)は
100,000円(広告費)/1,000人(コンバージョン数(成約件数))
で算出することができます。

ですので、この場合のCPA(顧客獲得単価)は
100,000÷10,000=100(円)となりますので、
CPA(顧客獲得単価)、つまり、1件のコンバージョン(成約)の獲得に
100円の広告費がかかったという結果を導き出すことができます。

ここで算出することができたCPA(顧客獲得単価)の数値を見て、
1件のコンバージョン(成約)に広告費が
かかりすぎていると判断した場合には
広告費の見直しをしていく必要性が出てくるのです。

CPA(顧客獲得単価)のマーケティングにおける重要性

簡単に言えば、CPA(顧客獲得単価)の数値が上がれば
広告費にお金をかけすぎているということになり、
利益が圧迫されているということになります。

逆に、CPA(顧客獲得単価)の数値を下げることができれば
少ない広告費でコンバージョン(成約)を獲得できている
という状況になるわけですので、
利益は増加していると考えることができるのです。

つまり、広告運用を利用して利益を上げようと考えた場合には、
CPA(顧客獲得単価)の数値は極めて重要な数値、指標となるのです。

そのため、広告運用を利用したマーケティングを行う場合には、
CPA(顧客獲得単価)の数値に基づいて行っていくことが重要になります。

CPA(顧客獲得単価)の数値を考える上で必要になる注意点

CPA(顧客獲得単価)の数値を考える場合に、注意点があります。

それは、CPA(顧客獲得単価)の数値を下げることばかりに気を取られ、
CPA(顧客獲得単価)の数値を下げることばかりを考えてしまうことです。

たとえば、CPA(顧客獲得単価)の数値を下げる最も簡単な方法に、
広告費用を削ってします方法があります。

しかし、無闇に広告費を削ってしまえば、
その広告からの流入、アクセスが減ってしまいますので、
コンバージョン数(成約数)が減ってしまい、
結果的にCPA(顧客獲得単価)が増えるという
本末転倒の結果を招くことになる危険性があります。

このように、結果的に利益の減少につながってしまう事態を防ぐためにも、
CPA(顧客獲得単価)を正しく評価することを重視し、
無闇に広告費を削る施策をとるのではなく、
広告費に対してある程度の許容範囲を定めて、
その範囲内で広告を運用していくのが重要なCPA(顧客獲得単価)の考え方になります。

特にWebを使ったWebマーケティングの場合、
CPA(顧客獲得単価)を正しく評価、判断できているかが
重要になってきます。

以上が、マーケティングの用語、CPA(顧客獲得単価)の意味になります。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP