マーケティングダッシュボードとは?マーケティングダッシュボードの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、マーケティングダッシュボードの意味を解説していきます。

マーケティングダッシュボードとは、
マーケティングに関する様々な指標を整理・可視化して
戦略の意思決定をサポートするシステムのことを指します。

ほとんどのSFA(Sales Force Automation)や
CRM(Customer Relationship Management)に
実装されている機能で、マーケティングダッシュボードによって
現在の状態が一目で分かるので、
非常に便利な機能です。

しかし、データの整備がしっかりとできていない状態では
マーケティングダッシュボードでデータを可視化しても
有効に利用することができなくなってしまいます。

扱うデータ量が増えた現代ではマーケティングダッシュボードが必要

ITの発展により、膨大な量のデータを扱えるようになった現代では
ビッグデータの重要性が増すなど、
扱うデータの量が増えてきています。

そのため、企業やチームの中で
マーケティングダッシュボードを利用する必要性が
出てきたのです。

マーケティングダッシュボードを利用することで
マーケティング担当者がマーケティング施策の全体を把握し、
データに基づいて素早い決断をすることができるようになります。

■すべてのチャンネル(集客経路)で実際に起こっていることを把握する

■チャンネルごとに指標が異なっても、相互関係を示せる

■パフォーマンスの要旨や詳細を提示でき、その場で有効な意思決定をする

これらがマーケティングダッシュボードによって
全ての情報を1カ所に集めることによってできるようになります。

そのため、マーケティングにおいて大量の情報を扱う場合、
マーケティングダッシュボードが必要になるのです。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の6つの方法

では、効果的なマーケティングダッシュボードを作成するための
6つの方法を紹介していきます。

これらの方法を使うことによって
よりマーケティングに活用できる
効果的なマーケティングダッシュボードを作成することができます。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の方法1:重要な指標を選ぶ

マーケティングダッシュボードの指標は現在のビジネスの目標と
関連させた上で作成していく必要があります。

たとえば、会社を成長させたいという目標があり、
新規顧客の獲得がそのカギとナル場合には、
マーケティングダッシュボードには
「新規顧客獲得率」を測定、表示させることになります。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の方法2:全体像を作る

複数のデータを組み合わせて1つの画面上に表示させる
データマッシュアップが必要になります。

マーケティングの担当者には複数の経路から
数多くのデータ情報が寄せられますので、
それをうまく組み合わせてマーケティングダッシュボードに
表示させる必要があるのです。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の方法3:ビジュアルを重視する

マーケティングダッシュボードでは
表示されている情報を素早く理解する必要があります。

マーケティングに限らず、
ダッシュボードの役割は素早く、簡単に理解することだからです。

グラフやチャートを利用して
視覚的に理解しやすいマーケティングダッシュボードを
作っていくことが重要になっていきます。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の方法4:連携を可能にする

マーケティングダッシュボードで重要なことに、
誰もが同じデータを見れることがあります。

それぞれが基本的な操作をマーケティングダッシュボードで
できるようにしておくなど、
操作性を持たせて連携をできるようにする必要があります。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の方法5:リアルタイムで共有できること

マーケティングダッシュボードを作ったとしても
そこに表示されるデータが古ければ、
価値のないデータということになってしまいます。

マーケティングダッシュボードを活用するためにも、
必ずそこに表示されるデータは最新のものである必要があります。

効果的なマーケティングダッシュボード作成の方法6:アクセスしやすい

ここまでの条件を満たした
どんなに素晴らしいマーケティングダッシュボードができても
誰もアクセスできなければ利用できませんので、
マーケティングダッシュボードを作った意味がなくなりますよね。

スマートフォンやタブレットからもアクセスできるように
マーケティングダッシュボードを作成することで
活用しやすくなるはずです。

ただし、大前提として
セキュリティをしっかりと満たしていることが条件となります。

マーケティングダッシュボードについて、まとめ

マーケティングダッシュボードは
大量の情報を扱う現代では必須のシステムとなります。

今回紹介した6つの
マーケティングダッシュボードの作り方を参考にして、
情報の管理や共有に活用していきましょう。

以上が、マーケティングの用語、マーケティングダッシュボードの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP