バズワードとは?バズワードの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、バズワードの意味を解説していきます。

バズワードとは「流行語で騒いでいる状況」を指す
Webマーケティングの用語です。

しかし、現在では「流行語」そのものを指す場合も増えてきて、
バズワードと言った場合には流行語を意味することもあります。

バズワードとはWeb業界で使われる定義が曖昧な流行語のこと

バズワードは主にWeb業界で用いられる用語で、
何か新しい概念を表しているような「流行語」を意味します。

しかし、バズワードには
実際には明確な定義や範囲などが定まっていないために
イメージする人によって内容が異なっていることが多くなります。

他にも、宣伝・広告の文言として都合が良く、
引用されやすい新語や造語、フレーズを意味して
バズワードという用語が使われることがあります。

バズワードは一見、何か新しい概念や重要な事柄を含んでいて
説得力のありそうな言葉で、
使っている人間は先進的なイメージで使っていますが、
具体的な定義・範囲がないため、
聞く側からすると実際には何を示しているのか分からない状況になります。

バズワードの語源は蜂がうなる音を表したバズ(buzz)から来ている

バズワードは英語で表記した場合には(buzz word)となります。

このバズワード(buzz word)のバズ(buzz)は
蜂がぶぶんとうなる音、群衆のガヤガヤした音、
ざわめきや騒音などの意味を持っていて、
「騒がしい」「耳障り」をイメージさせる言葉になっています。

そのため、「はっきり聴き取れない」という意味でも使われ、
そこからバズワードには実際には何を意味しているのか分からない、
どんな意味が含まれているのか分からない、などの状態を表します。

そのため、バズワードを使っている本人は、
先進的な言葉、かっこいい言葉など、肯定的なイメージを持って使いますが、
実際には具体的な定義・意味が曖昧になっているために、
周りからは何を意味しているのか分からない言葉になってしまいます。

Web業界以外でもバズワードは頻繁に利用されている

バズワードはもともとWeb業界やIT業界など
比較的新しい業界で使われることの多い言葉でした。

先進国であるアメリカから取り入れられる言葉が多く、
そのため、そこから新語や造語が生み出され、
バズワードになっていったのだと考えられます。

しかし、現在ではさまざまな業界・分野でも
バズワードと言えるような言葉が使われるようになってきました。

Web業界、IT業界以外では
「バズワード」という言葉で表されることはありませんが、
実際にはWeb業界やIT業界で言うバズワードと同じように
中身のない、具体的な定義や範囲のない言葉ということになります。

日本で具体的に使われるバズワードの具体例

では、実際にバズワードとして使われた言葉には
どのような言葉があるのかを紹介していきます。

日本で実際にバズワードとして使われていた言葉には
以下のような言葉があります。

■ニューメディア

■ネオダマ

■マルチメディア

■ビジネスモデル

■ユビキタス

■ロングテール

■Web 2.0

■クラウド(クラウドコンピューティング)

■ビッグデータ

■スマート

■ユビキタス

また、これらWeb業界、IT業界で使われたバズワード以外にも
他の業界でバズワードと同じように使われた言葉には以下のような言葉があります。

■女子力

■マイナスイオン

■人間力

これらはWeb業界、IT業界以外の言葉になるので
バズワードと言い切ることはできませんが、
同じような意味の括りになるので、バズワードの一種と考えることができます。

バズワードから具体的な定義のある言葉に変わる場合もある

バズワードの中には、最初は具体的な定義のない言葉で、
バズワードとして世間的に有名になっても、
使われ続けていくうちに具体的な、明確な定義や範囲を持ち、
意味のある言葉として使われ始める言葉もあります。

また、バズワードに明確な意味が与えられるのとは反対に、
本来は厳密な定義のあった言葉が
商業的な思惑から過大解釈されたりして、
本来は使われるはずのない文脈で使われるようになり、
バズワードとなってしまう場合もあります。

まとめ:バズワードを使う場合には注意が必要

バズワードは使っている本人からすると、
「カッコいい言葉」「新しい言葉」と思って、
肯定的に解釈して使ってしまっている場合があります。

しかし、バズワードには明確な定義がないために、
受け取る人によって意味が変わってしまう場合があります。

特にビジネスの場においては
その判断の違いによって損失が出てしまったり、
業務に支障が出てしまう可能性もあります。

新しい言葉、珍しい言葉を使う場合には、
その言葉がバズワードではないか、
相手にちゃんと意味は伝わるのか、
しっかりと考えた上で使っていく必要性があります。

以上が、マーケティングの用語、バズワードの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP