ナレッジマネジメントとは?ナレッジマネジメントの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ナレッジマネジメントの意味を解説していきます。

ナレッジマネジメントとは
企業内において個人が持っている情報や知識を
組織全体で共有することによって
ビジネスやマーケティング活動に活かし、
企業全体での利益向上につなげていく経営手法です。

ナレッジ(Knowledge)には「知識」という意味があるので、
企業の中に存在する知識や情報を管理することによって
ビジネス・マーケティングの活動に活かしていく手法になります。

情報化社会となった現在では、
企業の社内外に存在する知識を管理し、
全体で共有・利用できるようにしておくことが
競争優位性を維持していくことでも重要になります。

そのため、ナレッジマネジメントが重要視されることも
増えてきています。

ナレッジマネジメントとは企業に蓄積された知識を全体共有し、競争力を向上させる手法を意味する

ナレッジマネジメントは企業が競合他社との競争優位性を保つために
自社の競争力を向上し、活性化させるための手法になります。

企業が蓄積してきた知識や情報、経験、
他にも個人が所有する知識や情報を全社で共有することで
競争力の強化・向上を目指し、他社に対して競争優位性を
築いていくことがナレッジマネジメントの目的になります。

実は、ナレッジマネジメントは古くから企業で行われていた手法で、
朝礼や全社会も全体で情報を共有するためのナレッジマネジメントと言えます。

現在では、スケジュール管理、顧客情報など、
重要な情報やデータをデータベース化して全社員が閲覧できるようにする
高度なナレッジマネジメントも用いられるようになってきています。

企業が大きくなったり、事業規模が拡大していくと情報共有が困難になるので、
機会損失・業務上の支障が発生してしまいます。

機会損失や業務上の支障を少しでも抑えるために、
知識や情報の共有を素早く行えるのかが
企業価値、製品ブランドを高めるためのチャンスとなりますので
ナレッジマネジメントが重要視されるのです。

ナレッジマネジメントを導入する方法・やり方・手法を解説

では、ナレッジマネジメントを導入しようと思った場合、
どのようなプロセスで導入していく必要があるのでしょうか?

ここで、ナレッジマネジメントを
導入する方法・やり方、その手法を解説していきます。

ナレッジマネジメントを導入するプロセス1:課題や目的を明確に

ナレッジマネジメントを行うためのシステムを導入したり、
コンサルティングを依頼したとしても、
失敗するケースが存在します。

せっかく導入したシステムを社員が利用しない、
使ってみても必要な情報が手に入らないなど、です。

これらの問題を発生させないためにも、
ナレッジマネジメントを導入する前に、
必ずナレッジマネジメントを導入して解決したい課題、
どのような効果を期待して導入するのかの目的など、
あらかじめ課題や目的を明確にしておく必要があります。

「情報を共有しやすくする」「迅速な情報共有を目指す」
という曖昧な目的ではなく、
どんなビジネスのためなのか、解決したい課題は何か、
それらを明確にしていくことが
ナレッジマネジメントを導入する上でコストを下げ、
高い効果を得るための方法となります。

ナレッジマネジメントを導入するプロセス2:管理・共有すべき情報の可視化

知識や情報を全体で共有するためには、
その知識や情報が可視化できている必要があります。

PDFなどのドキュメントファイルになっていたり、
表やグラフになっているなど、全体で共有した際に
誰もが分かる形にしておく必要があるのです。

ナレッジマネジメントを行うと決めたら
対象となる知識や情報をどのように可視化するのかも
考えていく必要があります。

ナレッジマネジメントを導入するプロセス3:実際の業務と結びつけていく

ナレッジマネジメントのシステムが完成したら、
次は実際にシステムと現場を結びつける必要があります。

仕組み・システムを作ることではなく、現場で活用することで
企業の競争力強化・向上につなげていくのがナレッジマネジメントの目的です。

現場の状況を確認しながらメンテナンスを行い、
今後の運用の戦略を構築していく必要があります。

ナレッジマネジメントにおいて重要な形式知・暗黙知の意味

ナレッジマネジメントを導入する場合、
形式知・暗黙知という言葉を見かけるようになります。

それぞれ、データを可視化するために必要なのですが、
形式知とはファイルやデータから読み取れる知識を意味します。

それに対して、暗黙知は、形式知の裏に隠された
「なぜそうなったのか」という部分を意味する言葉です。

形式知だけでなく「なぜ」の部分を意味する暗黙知も
同時に可視化することによって有益な情報の共有が行えます。

まとめ:ナレッジマネジメント

自社の競争力強化を考えた場合には
ナレッジマネジメントは非常に重要な経営手法となります。

特にビジネスの規模が大きくなったり、
企業規模が大きくなった場合には
迅速に、有益な情報の共有を行うためにも
ナレッジマネジメントの導入を進めていく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、ナレッジマネジメントの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP