4Pとは?4Pの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、4Pの意味を解説していきます。

4Pとは、マーケティング戦略における4つの要素、
Product(製品)、Price(価格)、Promotion(プロモーション)、Place(流通)

のことを指すマーケティングの用語です。

これら4つの要素の頭文字がPであることから
4Pと省略されて使われています。

これらのことをマーケティングミックスということもあり、
マーケティングにおにおける4Pと
マーケティングミックスは同じ意味で使われることもあります。

4Pを組み合わせるマーケティング戦略をマーケティングミックスという

4Pの4つの要素、Product(製品)、Price(価格)、
Promotion(プロモーション)、Place(流通)を組み合わせて
マーケティングを展開していくことをマーケティングミックスと言います。

1960年代のマーケティングの代表的な教科書、
ベーシック・マーケティングの著者である
E.J.マッカーシー(E.J.McCarthy)が4Pを提唱しました。

このマーケティングミックスの戦略や
4Pというマーケティングにおける概念は
歴史が長く、体系化されてから長い年月が経っています。

しかし、4Pというマーケティングの要素を集約した考え方が
簡潔でありながら重要な部分を押さえていることから
現在でもマーケティングの中心的な概念として
広く浸透している考え方です。

マーケティングミックスの4Pそれぞれの意味とは?

マーケティングミックスにおける4P、
Product(製品)、Price(価格)、Promotion(プロモーション)、Place(流通)は
それぞれどのような内容を指しているのでしょうか?

4Pの要素それぞれが指すマーケティングにおける要素を
1つずつ解説していきます。

マーケティングミックスにおける4Pの要素:Product(製品)

最初に、4Pの1つ目、Product(製品)です。

「何を売るのか?」つまり、
売る製品やサービスにおける「製品戦略」を考えていきます。

製品やサービスの企画をはじめて、
そして開発・生産という活動を行っていきます。

マーケティングミックスにおける4Pの要素:Price(価格)

次に、4Pの要素、Price(価格)です。

Price(価格)はその名前の通り、価格について考えていく
「価格戦略」のことを指していきます。

自社の製品をいくらで売っていくのか、
市場における競合の価格、
また、売上や利益も考えた上で、
最適な価格設定を考えていく必要があるのです。

マーケティングミックスにおける4Pの要素:Promotion(プロモーション)

次に、4Pの要素、Promotion(プロモーション)です。

Promotion(プロモーション)では
自社の製品やサービスを顧客にどのように知ってもらうかを
考えていく戦略になります。

このような戦略をプロモーション戦略といい、
ターゲットとなる顧客、そして製品の内容や販売のスタイルを考えた上で
どのような方法で消費者・顧客に製品やサービスを知らせていくのかを考えます。

マーケティングミックスにおける4Pの要素:Place(流通)

4Pの最後の要素、Place(流通)です。

Place(流通)は流通戦略のことを指していて
「どこで製品を売るのか」を考えていきます。

ターゲットとなる顧客がどうすれば乳歯しやすいのか、
他にも流通経路や納期など、
製品やサービスを最適に提供する戦略を考えていきます。

現代のマーケティングでは4Pの要素だけでは収まらなくなっている

4Pがマーケティングミックスの考え方として
中心的な概念とされてきた一方、
現代のマーケティングえは従来の4Pの要素だけでは
収まらないと考えられているという一面があります。

マーケティングにおける活動領域が拡大しているため、
流通業やサービス業、さらには非営利団体でも
マーケティング戦略が必要とされているのです。

さらに、企業のトップレベルからの戦略市場計画が包括されることもあり
その場合には従来のマーケティングミックスの4Pだけでは
収まらないと言われているのです。

また、4Pの考え方は企業主導のマーケティング、
プロダクトアウトの考え方を含んでいることから、
4Cなど、顧客視点を中心としたマーケティングが
必要だと言われてきてもいます。

そのため、マーケティングミックスの
4Pの要素が重要だと言われる一方、
それだけでは現代のマーケティングには足りないと言われているのです。

まとめ:マーケティングミックスの4P

マーケティングミックスの4Pはマーケティング戦略における
中心的な概念ではありますが、
4Cなどの他の要素が求められているのも事実です。

しっかりとマーケティングミックスにおける要素4Pを押さえながらも
自社のマーケティングにとって必要だと判断できる戦略を
積極的に取り入れていく必要があると言えるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、マーケティングミックスの4Pの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP