定量データとは?定量データの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、定量データの意味を解説していきます。

定量データとは、数値化することが可能なデータのことを言います。

たとえば、マーケティング活動の場面の場合、
売上や単価、販売数など、明確に数値で表されるデータになります。

他にも、地域別の売上情報や顧客の年齢、職業なども
定量データに該当することになります。

定量データは数値で表すことができれば何でもいいわけでななく、
実数、つまり、実際に計測をしたりして調べた数値でなければいけません。

実数で成り立っている定量データを検証することによって
マーケティング活動や売り上げに貢献することができるようになるのです。

マーケティング戦略においては定量データと定性データに分類がされる

マーケティングにおける情報は、定量データと定性データ、
そのデータの性質によって2種類のデータのどちらかに分類されます。

「定量データ」は「商品の市場独占率」「売上高」など、
実際の数値として把握することができる情報やデータのことです。

つまり、定量データは数値によるデータですので、時系列での並び替え、
性別や年齢など、顧客別に細かく分類、比較することができるデータです。

あらゆるマーケティング活動における戦略の基礎データとなるのが
この定量データなのです。

数値化できる定量データに対して数値化できない定性データ

定量データが数値化できるデータであるのに対して、
定性データは数値化することができないデータになります。

消費者の購買意識などを分析するデータで、

「購入した商品のどこが気に入ったかのか」

「商品のパッケージデザインを使いやすいと思うか」

「なぜこのお店でよく商品を買うのか」

このように、数値に表すことのできない「質的」なデータが
定性データになります。

定量データは消費者行動の広さを把握するためのデータと言われますが、
定性データは消費者行動の深さを調べる、測るためのデータだと言われます。

定量データをを分析、集計するための定量調査とは

数値化することのできるマーケティング活動におけるデータ、
定量データを分析したり、集計したりする活動を定量調査と言います。

定量データを得るための定量調査の代表的な方法が
「アンケート」を利用した定量データの収集になります。

たとえば、一般的なアンケートでは、
回答者(被験者)が「はい、いいえ」の選択肢や
1〜5の数字の中から該当するものを選んで丸を付ける方法、
「スコアリング方式」によって行われます。

質問項目に対して明確な回答をすることができる構成なので、
このスコアリング方式のアンケートを集計することによって、
設問ごとに必ず明確な数字のデータ、定量データをアウトプットできます。

定量データを得るための定量調査の大きな役割とは?

定量データを得るための定量調査の大きな役割としては、
原因や経緯、理由など、データの深さを得ることではありません。

定量調査で収集、集計する目的は、
「何を選ぶのか」「何を選ばないのか」という
調査の内容について回答者(被験者)の回答を
明確な定量データとして収集、集計し、可視化することになります。

そのため、定量データを得るための定量調査は、
多くの場合はアンケートやスコアリング方式によって、
店舗や商品、サービスへの満足度調査、飲み会の日程調整など、
現在の世の中で最も多く利用されている調査方法の1つになります。

定量データだけでは分からない定性データを得るための調査方法とは

しかし、定量データを得るための定量調査だけでは
数値化できる消費者行動に関するデータしか分かりませんので、
数値化できない、消費者行動の裏側のデータを得ることができません。

「どの商品を買ったのか」は定量調査で定量データを調べれば分かりますが
「どうしてその商品を買ったのか」は数値化できない情報なので、
数値化できるデータしか手に入らない定量データでは分からないのです。

そこで重要になるのが、定量データでは分からない
数値化できない情報やデータ、定性データを調べるための調査です。

定性データは定量データでは分からない
消費者行動に関わる考え方や理由の情報やデータになりますので、
定量調査のアンケートなどとは違う方法で行われます。

フォーカスグループインタビューや
マンツーマンで行うグループインタビューなど、
定性データを得るための調査は主にインタビューによって行われます。

他にも、アンケートに自由記述を加えることによって
回答を求める設問方式を利用して定性データを集めることもあります。

定量データだけではなく、定性データも利用することがマーケティングに活かす方法である

消費者ニーズやマーケティングの戦略が複雑化している現代では
定量データによる数値だけのデータでは
マーケティングの戦略に活かすことは難しくなっています。

そのため、消費者行動の幅を知る定量データ
消費者行動の深さを測るための定性データ、
その両方によって調査を行うことで
マーケティングの戦略を組み立てることができるのです。

以上が、マーケティングの用語、定量データの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP