4Cとは?4Cの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、4Cの意味を解説していきます。

4Cとは顧客視点を重視したマーケティングの考え方で、
Consumer value(顧客価値)、Cost(価格)、
Convention(利便性)、Communication(コミュニケーション)
これら4つの単語の頭文字がCであることから4Cと呼ばれています。

ロバート・ローターボーン(Robert F.Lauterborn)が
新しい時代のマーケティングの手法として
4Cを提唱したのがはじまりです。

4Cは顧客・消費者視点のマーケットインによるマーケティング

これまでの時代のマーケティングでは
製品やサービスを企業の視点で企画・開発・生産し
市場に売り込んでいくプロダクトアウトの考え方が
マーケティングの中心となっていました。

しかし、顧客のニーズの多様化をはじめ、
インターネットやWebメディアの発展によって
顧客が情報を持つようになったことから
顧客・消費者の視点を大切にする
マーケティングを行うことが重要となってきました。

そこで、ロバート・ローターボーン(Robert F.Lauterborn)が
提唱したマーケティング戦略が、
マーケットインの戦略である4Cのマーケティングなのです。

4Cのマーケティングにおける4つのCとは?

では、4Cのマーケティングにおける4つのC、
Consumer value(顧客価値)、Cost(価格)、
Convention(利便性)、Communication(コミュニケーション)は
それぞれどのような考え方なのかを解説します。

4Cの最初、Consumer value(顧客価値)とは、
マーケティングの最初のステップで、
自社の製品やサービスが顧客・消費者にとって
どんな価値があるのかを考えていきます。

次に4CのCost(価格)は、
自社の製品やサービスの価値を得るためには
どのくらいのコスト・金額を払うことになるのかを考えます。

4CのConvention(利便性)で、
製品やサービスの価値を
どれだけ顧客に容易に伝えることができるのかを考えます。

そして、4Cの最後、Communication(コミュニケーション)で
企業の意思がしっかりと顧客に伝わっているのか、
また、逆に顧客の声が企業に届いているかどうか、
これらを検証していく必要があります。

4Cはマーケティングミックスの4Pに取って代わる考え方

顧客・消費者視点でのマーケティングを大切にする
4Cのマーケティングは、
マーケティングミックスの考え方である4Pに
取って代わる考え方だと言われています。

マーケティングミックスの4Pとは
Product(製品)、Price(価格)、
Promotion(プロモーション)、Place(流通)、
これら4つの頭文字を取って4Pと呼ばれている考え方です。

4Cがこれらの4Pに取って代わるというのは、

Product(製品)→Consumer value(顧客価値)

Price(価格)→Cost(価格)

Place(流通)→Convention(利便性)

Promotion(プロモーション)→Communication(コミュニケーション)

4Pの4つのPそれぞれが
このように4Cにおける考え方に変わっていくのです。

4Pから4C:Product(製品)からConsumer value(顧客価値)

Product(製品)からConsumer value(顧客価値)へ
取って代わるということは、
マーケティング戦略の起点を製品から消費者に移すということです。

顧客のニーズとウォンツを解明することこそが
マーケティング戦略のカギとなる、ということです。

4Pから4C:Price(価格)からCost(価格)

Price(価格)からCost(価格)というのは、
商品の価格そのものではなく、
商品を買う価格から商品を使い、廃棄するまで、
この全ての過程に消費者は感心を持っているということです。

4Pから4C:Place(流通)からConvention(利便性)

Place(流通)からConvention(利便性)へ取って代わるのは、
消費者・顧客のもとへ製品を届ければいいという企業の考え方ではなく、
使いやすさ、つまり、消費者・顧客がいかに簡単に製品を使えるか、
利便性を考えていくことが大切になるのです。

4Pから4C:Promotion(プロモーション)→Communication(コミュニケーション)

Promotion(プロモーション)というのは
企業が一方的に製品を売り込んでいくことでしたが、
それに取って代わって、顧客との双方向のコミュニケーションが
大切だと考えられているのです。

まとめ:マーケティングの4C

消費者・顧客の視点を重視するマーケティングが
必要とされている現代では、
4Cの考え方が非常に重要になってきます。

以上が、マーケティングの用語、4Cの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP