エンゲージメントとは?エンゲージメントの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、エンゲージメントの意味を解説していきます。

エンゲージメントとは、
企業が顧客と築いた愛着心、親近感などの
深い関係性を表すマーケティングの用語です。

エンゲージメントの高い顧客は
自社の製品やサービスに深い愛着心を持っていることなので、
繰り返し同じ製品やサービスを選択します。

そのため、エンゲージメントを高めることは
企業のマーケティングにおいて
非常に重要な活動であるということができます。

単にエンゲージメントと呼ばれることもあれば、
顧客エンゲージメント、カスタマーエンゲージメントと
呼ばれることもあるマーケティングの用語です。

エンゲージメントとは企業やブランドと消費者の強い結びつきのこと

エンゲージメントとは企業やその商品ブランドと
消費者との強い関係性のことを表しています。

たとえば、消費者・顧客がメディアを通して
企業からの広告メッセージやコンテンツを受け取り、
その企業やコンテンツ、製品・サービス、ブランドに対して
高いロイヤリティーや好感を感じたとします。

または、消費者・顧客が積極的に関与をしたり、
企業やブランドに対しての好意的な行動を取った場合などを
強い絆で結びついている状態であり、
エンゲージメントが高い状態であると表すことができます。

エンゲージメントの高さを数値で表すエンゲージメント指標とは?

企業やブランドとユーザーの深い結びつきである
愛着心や親近感を表す言葉がエンゲージメントですが、
そのエンゲージメントの高さを数値で表す指標のことを
エンゲージメント指標といいます。

エンゲージメントが発生したり、上昇したことを
数値で表し、確認できるのがエンゲージメント指標です。

そのため、エンゲージメント指標はマーケティングを評価する上で
重要な指標と考えることができます。

ただし、その一方で、
何をエンゲージメント指標として扱うのかによって
エンゲージメントの深さに違いが生じてしまうことにもなります。

エンゲージメントを測るための指標には何を使うのか

エンゲージメントの効果を計るための指標としては
ブランドや製品・サービスを消費者・顧客に認知させるだけでは
不十分になります。

実際に消費者・顧客が製品・サービスの購買に至る
能動的な行動につながる要求を抱かせる必要があります。

その結果、消費者・顧客の実際の様々な行動によって
広告などの効果を計ることが
エンゲージメント指標ということになります。

エンゲージメント指標では、
「消費者の積極的な行動」を指標化する必要があり、
これが従来のマーケティングの指標と異なる点になります。

従来のマーケティングでは
「到達数×頻度」という指標だけで
効果を計ることができましたが、
現在ではその指標や考え方が通じなくなったために
消費者・顧客の実際の行動を指標として測る
エンゲージメント指標が重要になってきたと言われています。

エンゲージメントの具体例:Google エンゲージメント広告

では、エンゲージメント指標の「具体的な行動」とは
どのような行動になるのでしょうか?

分かりやすい具体例に、
Google エンゲージメント広告の
エンゲージメント発生条件(課金発生タイミング)があります。

Google エンゲージメント広告では、
従来のクリック課金型広告とは違い、
クリックではなく、エンゲージメントを単位として
広告費が発生します。

Google エンゲージメント広告では、
ユーザーがバナーなどの広告にカーソルを合わせる、
つまり、マウスを動かしてから
2秒が経過したタイミングで広告が展開されます。

そのため、従来の広告では
過ったクリックで広告が表示されることがありましたが、
Google エンゲージメント広告の場合には
2秒の間隔を設けることによって
興味・関心があったりと、
エンゲージメントのあるユーザーのみが広告を表示します。

このように、消費者・顧客が本当に自社に対して
興味・関心をはじめ、愛着を抱いているのか、
それを測ることができるのがエンゲージメント指標ということになります。

まとめ:エンゲージメントは今後も着目が期待される概念

エンゲージメントという言葉、表現自体は
以前から使われていました。

しかし、インターネットやWebメディアの発展により、
ユーザー参加やソーシャルマーケティングが
一般的になってきたこともあり、
消費者が積極的に企業の活動に関与するようになってきました。

そのため、現在はエンゲージメントについて
着目する企業が増えてきているのです。

また、今後も消費者のニーズの多様化などにより、
エンゲージメントに着目する企業が増えることが予想できます。

現代のマーケティング活動において、
エンゲージメントという概念、および、エンゲージメント指標は
非常に重要な要素ということになるのです。

以上が、マーケティングの用語、エンゲージメント(エンゲージメント指標)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP