被リンクとは?被リンク(バックリンク)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、被リンク(バックリンク)の意味を解説していきます。

被リンク(バックリンク)とは
他のWebサイトから自社・自分のWebサイトへのリンクです

自社サイト内からのリンクの場合、「内部リンク」と呼ぶことから
被リンク(バックリンク)の他に「外部リンク」と呼ばれることもあります。

この被リンク(バックリンク)の数が多いことが
SEO対策(検索エンジン最適化)に有効で、
検索結果で上位表示されていましたが、
検索エンジンのアルゴリズムが変更されたことによって
現在では被リンク(バックリンク)の数ではなく、
被リンク(バックリンク)の「質」が重要だとされています。

被リンク(バックリンク)は検索エンジンの検索順位において重要な指標の1つとなっている

外部のWebサイトから受けるリンクである
被リンク(バックリンク)は検索エンジンが
Webページを評価する際に重要な指標の1つとされています。

世界的にも多く利用されている代表的な検索エンジンの1つ、
Google検索において「優良サイトからの被リンクは優良サイト」という
概念があります。

そのため、Webページの重要度を判断する指標である
ページランクの仕組みが導入されてからは
主要な検索エンジンはWebページの評価の指標の1つとして
被リンク(バックリンク)を重要視しています。

被リンク(バックリンク)があれば良いサイト、ではない

被リンク(バックリンク)の数が多ければ
Webサイトが検索結果で上位に表示されていた時代がありましたが、
現在では検索エンジンのアルゴリズムでは
被リンク(バックリンク)の数が多いだけでは
Webサイトは検索順位の上位に表示されないと言われています。

しかし、スパム行為が横行した背景があり、
現在では被リンク(バックリンク)は
量よりも質が検索エンジンで重視されていると言われています。

簡単に言えば、ページランクの高いWebサイト、
検索エンジンのアルゴリズムから高い評価を受けている
Webサイトからの被リンク(バックリンク)が
検索順位に影響を及ぼすとされています。

検索順位を上げる被リンク(バックリンク)とは?

検索エンジンのアルゴリズムで高い評価を受けいている
Webサイトからの被リンク(バックリンク)以外にも
評価の指標はいくつか存在しています。

たとえば、被リンク(バックリンク)によって
つながっているWebサイト同士は
内容が合っているWebサイトなのか、
自然につながっているWebサイトなのか、ということがあります。

たとえば、風の対策や病気の予防などの情報を発信しているWebサイトがあり、
そのWebサイトが病院のホームページから被リンク(バックリンク)を受けている場合、
自然なつながりの被リンク(バックリンク)と考えることができます。

病院が健康や病気に関する対策などで
健康情報を発信しているWebサイトを紹介しているというのは
Webサイト内の情報も合っていますし、自然なつながり、
自然な被リンク(バックリンク)と考えることができますよね。

しかし、そのWebサイトの被リンク(バックリンク)が
銀行やクレジットカードなどに関する情報を発信している
お金・経済に関する情報を発信しているWebサイトから来ていたら、
関連性が薄いつながり、自然ではない被リンク(バックリンク)となりますよね。

以前までは被リンク(バックリンク)の数が多いことが
検索エンジンからの評価が高くなる基準でした。

しかし、現在では、このように、
被リンク(バックリンク)の質、
他にも被リンク(バックリンク)の繋がり方も
検索エンジンのアルゴリズムでは重要視されるようになっています。

被リンク(バックリンク)の概念が生まれた当初から現在まで変わらない高評価の基準とは?

被リンク(バックリンク)の数が重視されていたのが、
検索エンジンのアルゴリズムの変更によって
被リンク(バックリンク)の質がされるようになりました。

しかし、実は被リンク(バックリンク)の概念が
検索エンジンで取り入れられた当初からずっと変わらない
基準、考え方も存在しています。

それが、

有意義な情報を提供することで
被リンク(バックリンク)が自然と増えていくことが
最も重要であり、理想的な流れである

という考え方です。

ユーザーにとって有意義な情報を発信、提供することができていれば
他のWebサイトからも自然と被リンク(バックリンク)を得ることができ、
高品質なコンテンツのあるWebサイト同士が
被リンク(バックリンク)でつながっていくということです。

つまり、無意味な被リンク(バックリンク)を大量に作るのではなく、
Webサイトのコンテンツの品質を高めることによって
被リンク(バックリンク)を獲得していくことが大切になるのです。

まとめ:被リンク(バックリンク)

被リンク(バックリンク)はSEO対策(検索エンジン最適化)において
重要な指標のひとつとなっています。

しかし、被リンク(バックリンク)を集めるだけでは
スパム扱いを受けることもあるので、
被リンク(バックリンク)の質も重視し、
不自然ではない被リンク(バックリンク)を集める必要があります。

以上が、マーケティングの用語、被リンク(バックリンク)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP