検索エンジンとは?検索エンジン(サーチエンジン)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、検索エンジン(サーチエンジン)の意味を解説していきます。

検索エンジンとはインターネット上で公開されている情報を
検索する(探す)ためのWebサイトのことを指します。

Google検索やYahoo!検索などが一般的に利用されていて、
言葉・単語を利用したキーワード検索の検索エンジンが
一般的に利用されている検索エンジンになります。

検索エンジン(サーチエンジン)はインターネット基本・土台となるシステム

検索エンジンはインターネットにおいて
情報を扱うための基本や土台となるシステムと考えることができます。

インターネットを利用する目的はさまざまありますが、
そのほとんどがWebメディア、Webコンテンツなど、
Webサイト上にあるものが目的になるはずです。

そして、目的にあったWebメディア、Webコンテンツを持った
Webサイトを検索するためのシステムが検索エンジンなのです。

特に主流となっているのがキーワード検索と言われる仕組みで、
調べたい情報、探したい情報に関連するキーワードを入力することによって
世界中に存在するWebサイトから目的にあったWebサイトを表示します。

検索エンジンの検索結果には検索キーワードに合致したWebサイトが、
「関連性」「人気」「コンテンツの内容」などを基準にして
検索エンジンが持つ基準による総合的な評価によって
ランク付けされて一番上から表示されていきます。

ロボット型の検索エンジン(サーチエンジン)とディレクトリ型の検索エンジン(サーチエンジン)

検索エンジンにはロボット型検索エンジンと
ディレクトリ型検索エンジンの2種類の検索エンジンが存在します。

先述しているキーワード検索を行う
Google検索やYahoo!検索はロボット型検索エンジンと呼ばれています。

クローラーと呼ばれるロボットプログラムがWebを巡回してWebサイトの情報を入手し、
その情報をもとにして検索エンジンの検索結果に表示される順位を決定します。

では、それに対してディレクトリ型検索エンジンとはどのような検索エンジンなのか。

ディレクトリとはIT用語で「フォルダ」を表す言葉になります。

そのため、ロボットが情報、データを収集して検索結果を表示するのではなく、
人間の手によってフォルダ別けされて管理・分類される検索エンジンです。

具体的なディレクトリ型検索エンジンを上げる場合には
Yahoo!カテゴリやGOOカテゴリなどになります。

ディレクトリ型検索エンジンで表示される検索結果は
検索エンジン側で審査や登録を行ったWebサイトとなります。

ディレクトリ型検索エンジンの場合、
登録されているWebサイトの数に限りがあるため、
一般的にインターネット検索で利用されることはほとんどありません。

そのため、一般的に検索エンジンという場合には
ディレクトリ型検索エンジンではなく、ロボット型検索エンジンのことを指します。

世界的に人気のある3大検索エンジンとは?

一般的に利用されるロボット型検索エンジンの中でも
特に人気のある3つの検索エンジンが存在します。

3大検索エンジンとも呼ばれ、
逆に言えば、一般的に利用される検索エンジンは
これら3つのうちのいずれかとなっています。

3大検索エンジン:Google検索

現在世界中で最も多く利用されている検索エンジンになります。

検索エンジンからのアクセスを集めるための施策である
SEO(検索エンジン最適化)を行う場合でも、
世界的に最も利用者数の多い検索エンジンである、
このGoogle検索を対象に行われることになります。

国内企業が提供する検索エンジンの多くも
実はこのGoogle検索による検索結果を表示しています。

3大検索エンジン:Yahoo!検索

大規模ポータルサイトのYahoo!が提供する検索エンジンです。

Google検索と同じように、Yahoo!検索も世界最大規模の検索エンジンとなります。

ちなみに、ここでいうYahoo!とは
日本のYahoo!ではなくアメリカに本社を置くYahoo!で、
こちらのYahoo!がYahoo!検索の検索エンジンを開発しています。

3大検索エンジン:Bing

最後に、Windowsを開発・販売する
Microsoft社が提供している検索エンジンのBingです。

Google検索やYahoo!検索ほど一般的ではないかもしれませんが、
Windowsパソコンを使う場合、デフォルトの検索エンジンは
Bingに指定されています。

同じMicrosoft社が開発を行っている検索エンジンだからですね。

まとめ:検索エンジン

検索エンジンはインターネットの利用において
最も基本的なシステムとなります。

特にGoogle検索は世界的に見ても絶対的な人気のある検索エンジンです。

検索エンジンのアルゴリズム(検索結果の順位を決定するための計算方法)が
特に優れていることから、
ユーザーが求めている検索結果を表示しやすいためです。

そのため、Webマーケティングにおいても
Google検索をしっかりと意識したSEO(検索エンジン最適化)などの
施策が求められることになります。

インターネットを活用したビジネスの場合、
検索エンジンは非常に重要な要素であることを理解しておく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、検索エンジンの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP