コンテンツとは?コンテンツの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、コンテンツの意味を解説していきます。

コンテンツとは主にWebマーケティングで使われる言葉で、
Webサイト上提供される全ての情報のことを指します。

たとえば、Webページに掲載されている画像、
ダウンロード可能な動画や音声、
他にも表示されるテキストを含め、全てをコンテンツと呼ぶことができます。

Webマーケティングを利用した集客などを行う場合には、
特にこのコンテンツが非常に重要になってきます。

IT業界やWebマーケティングで使われるコンテンツの意味とは?

コンテンツという言葉はIT業界やWebマーケティングなど、
インターネットに関わりのある場面で使われる言葉になります。

1990年頃、携帯電話やパソコンが急激に普及したことによって
IT技術が発展し、インターネットが私たちにとって身近なものになりました。

そのため、Webサイトで提供される情報のことを指す
コンテンツという言葉も同時に広く使われるようになり、
一般的な言葉となっていきました。

元々コンテンツとは「中身」や「内容」を表す言葉

コンテンツ(Contents)という言葉を日本語に直訳した場合、
「中身」や「内容」などという意味を表す言葉になります。

ラテン語のコンテンツの場合は
「中に含まれたもの」という意味を表す言葉になります。

そのため、本来は本や書籍の目次や内容のことを表す言葉として
コンテンツは使われていました。

現在ではコンテンツは「提供物」を表す言葉として一般的になっている

しかし、現在の日本では、コンテンツという言葉は
「提供物」という意味合いで使われることが多く
特にWebサイトの画像や動画、音声、文章など、
ユーザーに対して提供される情報全般を指すことが多くなります。

つまり、本来は「中身」を表す言葉のコンテンツですが、
たとえば、財布の中身やバッグの中身のことをコンテンツという言葉で表すことはなく、
誰かに対して提供される作品、「提供物」のことをコンテンツという場合が多くなります。

また、カナダの英文学者のマーシャル・マクルーハンは
1964年に刊行したメディア論・人間の拡張の諸相の中で、
「コンテンツはメディアの一部であり、メディアとはメッセージのことである」と提唱しています。

このことからコンテンツを定義する場合には、
コンテンツとはそれ自体がメッセージを発信するもの、
または何かしらのメッセージということになります。

良質なコンテンツとは?

マーケティングの分野ではよく、「良質なコンテンツ」という
言葉が使われることがあります。

Webサイトを検索エンジンの検索結果に上位表示させる場合、
良質なコンテンツを提供できるかどうかが重要になります。

では、良質なコンテンツとはどのようなコンテンツになるのでしょうか?

良質なコンテンツであるための2つのポイントを紹介していきます。

ユーザーが求めている価値を提供できるコンテンツ

コンテンツを見ているユーザーが求めている情報を提供することができるかどうか、
それが良質なコンテンツであるかどうかの1つの大きな基準となります。

コンテンツを見たユーザーが満足できるだけの情報を提供できるかどうか、
これを考えていくことがいわゆるSEO(検索エンジン最適化)や
「キーワードボリューム」がマーケティングで重要になる理由です。

ユーザーにとって利益を生むコンテンツ

ユーザーの生活に役立つ知識であるかどうか、
正しいノウハウを提供できているかどうか、
このように、ユーザーにとってプラスになるかどうかも
良質なコンテンツであるかの判断基準となります。

他のWebサイトへの流入や商品の販売だけを考えているWebサイトの場合、
提供する側の意図しか存在しないWebサイトということになり、
ユーザーにとってはプラスにならない、利益を生まないコンテンツになります。

コンテンツの基本を知っておくことが重要になる

良質なコンテンツを生み出すためには
コンテンツという言葉の本質、コンテンツの基本を知っておく必要があります。

利益を追い求めてばかりいると、
コンテンツの本質を見失うことになってしまうので、
ユーザーが何を求めているのか、何がユーザーの利益になるのか、
その本質を見失ってしまうことになります。

自社のマーケティングやビジネスに良い影響を及ぼす
良質なコンテンツを生み出すためには
まずはユーザーに価値を届ける、という
コンテンツの本質的な意味をしっかりと理解しておく必要があるのです。

まとめ:コンテンツ

Webマーケティングで企業の収益を上げたいと思った場合、
コンテンツの本質的な意味をしっかりと理解する必要があります。

Web戦略などの小手先のテクニックや
検索エンジンの裏を突くようなSEO(検索エンジン最適化)を行うようりも
まずはコンテンツの本質、そして良質なコンテンツの正しい知識を身に付けることが
結果的にWebマーケティングを成功へと導いていくことになります。

以上が、マーケティングの用語、コンテンツの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP