コミュニケーション履歴とは?コミュニケーション履歴の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、コミュニケーション履歴の意味を解説していきます。

コミュニケーション履歴とは、その言葉の通り、
企業と顧客とのコミュニケーションの履歴を指す
マーケティングの用語になります。

個人情報保護法が施工されてからは
時系列にコミュニケーション履歴を管理していかないと
顧客情報の管理が大変になっていくという大きな変化がありました。

コミュニケーション履歴を管理することについては
これまではマーケティングに携わる人間のみが考えていたことですが、
個人情報保護法の施行により、企業にとって
コミュニケーション履歴を管理することがほぼ義務化されました。

そのため、これからの企業経営では、
個人情報保護の一環としても、
顧客とのコミュニケーション履歴を管理していく必要性が出てきたのです。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法・やり方

それでは、個人情報保護法の施行によってほとんど義務となった
顧客とのコミュニケーション履歴の管理を
少しでも効率化するための方法・やり方を紹介していきます。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法1:CRM(Customer Relationship Management)

CRMとは、顧客管理という意味の言葉です。

購買履歴などの顧客情報データベースを駆使し、
ライフタイムバリュー(LTV、顧客生涯価値)を獲得するために
顧客との長期的な関係を構築するための方法です。

コミュニケーション管理の効率化を図り、
利益の向上を目指すことができますが、
システムの導入コストが高いことが難点となります。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法2:OLAP(On-line Analytical Processing)


顧客や、その顧客に紐付いた販売データをデータベースに蓄積し、
そのデータを多次元的に解析するシステムです。

マーケティングの中でも利用されることの多いシステムですが、
日本でhあ生産や在庫管理のために利用為れることが多くなっています。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法3:CTI(Computer Telephony Integration)

電話とコンピュータシステムを統合するやり方です。

コンタクトセンター、サポートセンター、お客様相談室など、
顧客に電話で応対するコールセンター業務では必要不可欠なシステムです。

顧客のプロフィールや過去の購入履歴、クレーム履歴などを参照しながら
顧客との的確なコミュニケーションを取れるメリットがあります。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法4:データマイニング(data mining)

大量のデータを解析し、そのデータの中に潜んでいる
項目同士の意外な相関関係やパターンなどを探し出すための方法です。

高いポテンシャルがありながら、実はまだまだ活用されていない方法です。

これからのコミュニケーション履歴の管理など、
マーケティングへの活用が期待される方法になります。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法5:リコメンデーション(recommendation)

ECサイトなどでユーザごとの好み、購買パターンを分析し、
それぞれのユーザが興味を引きそうな情報を組み合わせて表示する方法です。

イメージとしては、気の利いたウェイターや熟練のソムリエが
お客さまに「おすすめ」をするように、
ECサイトのユーザが興味を引きそうな、求めている情報を表示します。

インターネットショッピング最大手のAmazon(アマゾン)が
初期に使っていたネットパーセプションズなどが
リコメンデーション(recommendation)の代表的なシステムになります。

コミュニケーション履歴の管理を効率化する方法6:CMS(Contents Management System)

HTMLやCSS、PHP、ASPなど、Web言語を使う必要なく、
ホームページなどのWebコンテンツを作成したり編集できるシステムです。

ECサイトなど、頻繁にコンテンツを上げ下げしたり、
更新を頻繁にする必要があるサイトの場合、
Web制作会社にそれを依頼しては大量のコストがかかってしまいますので、
CMS(Contents Management System)の導入を検討している企業が増えています。

ECサイトなどを改善することによって、
顧客とのコミュニケーションも効率化することができますので、
結果的にコミュニケーション履歴の管理も効率化させていくことができます。

コミュニケーション履歴の管理は現代では企業にとって必須の業務

インターネットの発展、情報産業の急激な進歩によって
個人情報保護が企業にも義務づけられるようになってきました。

コミュニケーション履歴の管理についても、
個人情報保護の一環として、これからの企業に必要になってきます。

マーケティングへの利用もできますので、
コミュニケーション履歴の管理を徹底していく必要があるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、コミュニケーション履歴の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP