DSPとは?DSP(デマインドサイドプラットフォーム)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)の意味を解説していきます。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)とは
インターネット広告において、
広告主が広告効果を最大化するためのツールです。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用することで
広告を配信したいターゲット、予算を設定し、広告を入稿するだけで
条件に対して最適な広告配信を自動で行ってくれるツールです。

Demand-side Platform(デマインドサイドプラットフォーム)の頭文字を取り
DSPと省略されて呼ばれるマーケティングの用語です。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)は広告主や代理店の広告効果を最大化するツール

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用することで
広告在庫の買い付け、広告配信、オーディエンスのターゲティングなど
広告主や代理店が行うことを一括して行ってくれます。

そのため、DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用することで
広告効果の最大化を見込むことができます。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)の利用で効率的な広告配信ができるようになった

これまではWebに出稿するインターネット広告を行う場合、
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)がなかったので
あらかじめ広告枠を購入し、
その広告枠に広告を出すのが主流でした。

そのため、DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を使わない場合、
広告出稿を行う際に広告の媒体となる属性からターゲットを想定し
広告枠を購入する必要がありました。

また、広告が配信される対象が
必ずしも広告に興味のあるユーザーとは限らず、
不特定多数に向けての配信になるのが一般的でした。

しかし、DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用することで
ターゲットを自由に設定でき、
また最適な広告配信を自動でできるので
興味や関心を持っている消費者・ユーザーだけに
広告を配信することができるようになりました。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用することで
どのようなユーザーが来訪しているのかをタグ設置により計測し、
リアルタイム入札で広告の売買を行い、
必要な時に必要な分だけ広告配信をできるようになったからです。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)がこれまでの広告の問題点を解決する

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を使うことによって
海外、国内のPC・パソコン向けのWebサイトをはじめ、
スマートフォン向けにも効率敵に広告を配信していくことが
できるようになりました。

そのため、DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用すれば
広告主の目的に合わせて広告配信をコントロールし、
一括して管理を行うこともできます。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用した
広告配信が進化したことによって
これまでのWebを利用したディスプレイ広告における
問題点・難点・課題を解決することができます。

つまり、DSP(デマインドサイドプラットフォーム)によって
伝えたい情報を最適な消費者に対して、
適正な価格で効率良く届けることができるのです。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)には利用料がかかる

広告主の課題を解決したり、効果的な広告配信を実現できる一方、
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用するには
利用料がかかるというデメリットも存在します。

そのため、一方的にDSP(デマインドサイドプラットフォーム)を
利用して広告配信を自動化するのが良いと決めつけるのではなく、
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用した方が
費用対効果が高いのかどうかを比較・検討した上で
利用することを決める必要性があります。

まとめ:DSP(デマインドサイドプラットフォーム)

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)は
これまで広告主が抱えていた広告に対する課題、
広告在庫の買い付けや広告配信、
オーディエンスのターゲティングなど、
一括で解決してくれるツールです。

そのため、広告効果を最大化させたい場合には
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を利用するのが
最も効果的な方法であると考えることができます。

しかし、その一方で、DSP(デマインドサイドプラットフォーム)には
DSP利用料がかかることも理解しておかなくてはいけません。

自社の広告の規模やターゲットなどを考慮しながら
本当にDSP(デマインドサイドプラットフォーム)を使って
広告配信を自動化していくのが費用対効果が高いのかどうか、
しっかりと検討していく必要があるのです。

自社の状況を考慮しながら
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)の導入について
考えていくようにしていきましょう。

以上が、マーケティングの用語、
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP