CTAとは?CTA(コールトゥアクション)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、CTA(コールトゥアクション)の意味を解説していきます。

CTA(コールトゥアクション)とは日本語に訳した場合、
「行動喚起」と訳されるマーケティングの用語です。

Call To Action(コールトゥアクション)の
それぞれの単語の頭文字を取って
CTAと省略されて呼ばれています。

Webサイトにアクセスしてきたユーザーに対して
資料請求やメルマガへの登録など、
具体的な行動に誘導することをCTA(コールトゥアクション)と言います。

または、具体的な行動に誘導する、行動を喚起するために
Webサイト上に設置されたイメージや画像、テキスト、コピーを
CTA(コールトゥアクション)と言う場合もあります。

具体的には、個人情報を入力するフォームの下にある
情報を送信するためのボタン、
クリックを誘導するキャッチコピーなどが
CTA(コールトゥアクション)になります。

リード(見込み客)の獲得が目的のWebページや
商品の販売ページの場合、
このCTA(コールトゥアクション)が成約を左右するので
非常に重要な要素になります。

CTA(コールトゥアクション)の具体例

では、CTA(コールトゥアクション)には
具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

たとえば、

■商品やサービスへのお問い合わせ

■商品やサービスの購入

■資料請求

■メルマガへの登録

■セミナーへの申し込み

■お試しセットへの申し込み

お客さん、ユーザーに対してこれらの行動を求めること、
これらの行動に誘導するためのWebサイト上の
画像や文言、クリックするためのボタンなどを
CTA(コールトゥアクション)と言います。

資料請求へ誘導するCTA(コールトゥアクション)の場合

たとえば、これらの具体的な行動の中で、
「資料請求」への行動を呼びかける場合、誘導する場合には
どのようなCTA(コールトゥアクション)になるのかを紹介します。

Webサイト上でアクセスのあったユーザーに対して
資料請求を呼びかける場合には
最初に資料請求を行うサイトに誘導する必要があります。

そのため、資料請求へ誘導するためのCTA(コールトゥアクション)の場合、
「資料請求はコチラ」「無料で資料を請求する」などの
ボタンやバナー、テキストをサイト内に設置しておき、
資料請求を行うためのページへ誘導する必要があります。

また、資料請求を行うページ自体でも
入力フォームが分かりやすかったり、
また、フォームに入力した情報を送信するためのボタンを
分かりやすく設置することがCTA(コールトゥアクション)となります。

CTA(コールトゥアクション)は多くのページに設置しておく必要がある

ホームページのトップページやランディングページ(LP)の場合、
CTA(コールトゥアクション)の画像やテキストなどが
設置されていることが多いのですが、
実際にはそれ以外のページでもボタンなどの
CTA(コールトゥアクション)を設置しておく必要があります。

検索エンジンからアクセスしてきたユーザーの場合、
必ずトップページやランディングページ(LP)に
最初にアクセスするとは限らないからです。

そのため、基本的にホームページ内の全てのページの分かりやすい位置に
ボタンなどのCTA(コールトゥアクション)を設置し、
具体的な行動へとユーザーを誘導する必要があります。

CTA(コールトゥアクション)が重要な理由

CTA(コールトゥアクション)は
Webマーケティングでは非常に重要とされています。

Webマーケティングを行う目的は、
Webサイトへのアクセス数を伸ばすことではありません。

最終的な目的は、Webサイト経由での
リード(見込み客)の獲得や製品、サービスの購入といった
「成約」になります。

そのためにはSEO(検索エンジン最適化)など、
自社のWebサイトへのアクセス数を伸ばした後に
必ずCTA(コールトゥアクション)によって
アクセスしてきたユーザーを
何かしらの行動に誘導する必要があるのです。

これがCTA(コールトゥアクション)が
Webマーケティングで非常に重要となる理由です。

まとめ:CTA(コールトゥアクション)

CTA(コールトゥアクション)における具体的な行動とは、
製品やサービスの購入には限りません。

資料請求や電話での問い合わせなど、
直接その行動が成約につながらなくても
成約の可能性を上げるための具体的な行動を促すのも
CTA(コールトゥアクション)です。

商品やサービスへのお問い合わせ、商品やサービスの購入、
資料請求、メルマガへの登録、セミナーへの申し込み、お試しセットへの申し込み
CTA(コールトゥアクション)における具体的な行動です。

柔軟にCTA(コールトゥアクション)を考えていき、
必要なCTA(コールトゥアクション)を必ずWebサイトに設置するようにしましょう。

以上が、マーケティングの用語、CTA(コールトゥアクション)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP