ターゲットセグメンテーションとは?ターゲットセグメンテーションの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ターゲットセグメンテーションの意味を解説していきます。

ターゲットセグメンテーションとは
マーケティングの対象となる消費者や顧客を
情報によって分類することで
それぞれニーズの異なる集団として細分化していくことです。

ターゲットセグメンテーションによって
細分化され、ニーズが明確になった集団を
ターゲットとして絞り込んでいくことによって
効果的なマーケティング戦略が構築できます。

ターゲットセグメンテーションは代表的な顧客像を明確にする

ターゲットセグメンテーションでは
マーケティングの対象を情報によって分類、
細分化していきます。

その時に、ターゲットセグメンテーションで
基準となる情報は
性別、年齢、居住地、嗜好、価値観など
さまざまなものがあります。

これらのさまざまな情報を基準として
集団を細分化していくことによって、
マーケティング戦略における
ターゲットを絞り込むことができます。

その時に重要になるのが、
ターゲットの特徴をキーワード化することによって、
代表となる顧客像を明確にしていくことになります。

ターゲットセグメンテーションによって
顧客像、つまり、ターゲットとなる顧客のプロフィールが
明確になれば、
効果的な、効率的なマーケティング戦略を構築することができます。

ターゲットセグメンテーションの具体的な方法・やり方

では、実際にターゲットセグメンテーションとは
どのように行っていくのかを解説していきます。

ターゲットセグメンテーションでは、まず、
売りたい製品やサービスのターゲットとなる層を明確にします。

そのために、ターゲットセグメンテーションで
最初に行うことになるのは、
消費者・顧客の年齢や性別、住んでいる地域を属性とし、
顧客群、つまり、セグメントを作っていきます。

さらに、それらを異なる価値観を持つ集団として共通点を見いだし、
細分化させていきます。

細分化したセグメントの中から、
売りたい製品やサービスの顧客になりうる、
顧客として最適な属性や価値観のあるターゲットに絞り込んで
戦略を立てていくのが、ターゲットセグメンテーションです。

顧客となりうる可能性の高い属性や価値観を持つ
ターゲットに対してのみ販促活動を行えるので、
ターゲットセグメンテーションは
高いマーケティングの効果を期待できる手法になります。

また、ターゲットセグメンテーションでは
製品やサービスの対象となる顧客を絞り込んだ上で
販促活動を行うことから、
低い販売コストで高い成果を得ることのできる
手法であると考えることもできます。

ターゲットセグメンテーションの成功事例

では、ターゲットセグメンテーションを
マーケティング戦略として使ったことで
実際に成功した事例を紹介していきます。

ターゲットセグメンテーションの成功事例:パナソニックのレッツノート

パナソニックのレッツノートというノートパソコンは
ターゲットセグメンテーションの成功事例として有名です。

パソコンの利用が一般消費者の生活にも浸透し、
ソニーのVAIOというパソコンが
大きくシェアを拡大しました。

その際に、パナソニックはパソコン事業から撤退か存続か、
岐路に立たされていたと言われています。

その際にパナソニックがとったのが、
ターゲットセグメンテーションによる
製品の開発でした。

一般消費者へのシェアが拡大する中、
パナソニックは「法人かつ外回り営業」という
セグメンテーションをターゲットにすることで
軽量性やバッテリー、モニターの視認性や防水など、
外回りの営業に求められる機能に絞った
パソコンの開発を行いました。

その結果、レッツノートは大ヒットの製品となり、
日本市場では9年間連続で首位を獲得する
圧倒的人気を誇る製品となりました。

こうして、パナソニックは
ターゲットセグメンテーションでターゲットとなる
顧客を絞り込んでレッツノートの開発を行った結果、
ターゲットセグメンテーションの成功事例になったのです。

まとめ:ターゲットセグメンテーションの属性

これまではターゲットセグメンテーションでは
地域や年齢など、数字として表れるデータを
基準として行われてきました。

しかし、現在では、
顧客の意識や顧客のニーズ、ライフスタイルなど、
客観的に判断をすることが難しいとされる基準も
ターゲットセグメンテーションにおいて、
分類をするための重要な切り口と考えられます。

パナソニックのレッツノートが
ターゲットセグメンテーションで成功したように、
消費者・顧客を分類するための切り口ひとつで
マーケティング、ビジネスの成功は大きく左右されます。

そのため、ターゲットセグメンテーションは
重要なマーケティングの戦略であると同時に、
その切り口となる情報についても
マーケティング成功における
非常に重要な要素となっていきます。

ターゲットセグメンテーションで
適切なターゲットに対して
マーケティングやセールスを行うことが
ビジネスの成功においては重要になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、ターゲットセグメンテーションの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP