プロファイリングとは?マーケティングにおける意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティング用語としてのプロファイリングとは
どんな意味を持っているのかを解説していきます。

犯罪捜査などの分野で使われることの多い
プロファイリングという言葉ですが、
実はマーケティング分野でも
顧客プロファイリング、消費者プロファイリングとして
使われることの多い言葉になっています。

今回はマーケティング分野における
プロファイリングの意味や事例を紹介していきます。

元々は心理学用語のプロファイリング

プロファイリングという言葉は元々は
心理学や社会科学の分野で使われていた言葉で、
特に犯罪捜査で使われることが多いです。

犯罪捜査でプロファイリングと言った場合、
犯人の行動から特徴を推理していくことを言います。

人種や生まれ育った環境、職業や家族構成など、
犯人に関するあらゆる情報を
心理学・社会科学を応用することで分析していきます。

犯罪捜査におけるプロファイリングから派生して、
一般的にプロファイリングといった場合には
行動や特徴などから、その人物像を分析していくことを指します。

マーケティング分野におけるプロファイリング

マーケティング分野でプロファイリングという言葉が使われる場合
顧客プロファイリングや消費者プロファイリングと呼ばれ、
顧客や消費者の特徴や行動における特性を明らかにしていきます。

他にも、自社の製品やサービスの顧客となり得る
潜在的な顧客に対しての仮説を立てていく場合にも
顧客プロファイリング、消費者プロファイリングが利用されます。

マーケティングにおけるプロファイリングの方法・やり方

マーケティング分野においてのプロファイリングでは
ターゲットとなり得る顧客・消費者について、
消費者調査などと合わせて分岐を行っていきます。

具体的には、自社製品やサービスのターゲットが読む本・雑誌、
好んでみるテレビ番組、生活スタイルなど
具体的な消費行動を分析して明らかにしていくのが
マーケティングにおけるプロファイリングです。

マーケティング活動におけるプロファイリングの必要性・メリット

では、マーケティング活動に
プロファイリングの手法を導入する必要性はあるのでしょうか?

また、プロファイリングの手法を導入した場合、
どのようなメリットが得られるのでしょうか?

もともとプロファイリングは
犯罪捜査において、限られた捜査資源、
資金や人材を有効に利用するために行われている手法です。

マーケティングにおいても
人材や資金・予算、期限が限られた状態で
マーケティング活動を行う必要性があります。

限られた経営資源を有効活用するためにも、
顧客プロファイリング、消費者プロファイリングを行う必要があります。

プロファイリングを行い、ターゲットとなる見込み客や顧客の特徴が分かれば、
何の媒体を利用し、どのようなメッセージを送るのが効果的かが明確になります。

その結果、マーケティング戦略の構築、
プロモーションの立案などを効率的に行うことができ、
費用対効果を高めることができるようになります。

限られた経営資源を有効に活用し、
費用対効果の高いマーケティング活動、プロモーションを行うためにも
顧客プロファイリングや消費者プロファイリングを行うことが必要です。

プロファイリングを利用したマーケティングの事例:TSUTAYA

プロファイリングを利用したマーケティングの事例に、
レンタルDVDのTSUTAYAのマーケティングがあります。

TSUTAYAでは顧客アンケートを利用してプロファイリングを行い、
顧客を大きく8つのセグメントに分類して
それぞれの行動特性に応じたマーケティングを行っています。

「アクション大好き、お気軽ユーザー」

「幅広く何でも見るヘビーユーザー」

「ドラマ・ラブストーリー大好き」

「ハリウッド映画大好き」

「ミニシアター大好き」

「特に映画に関心はない」

「世間の動きに追従型」

「怖いものをみたい」

これら8つのセグメント、つまりグループ分けが
TSUTAYAが行ったプロファイリングによる結果です。

それぞれのセグメントの顧客が求める作品が異なるため、
セグメントに応じたアプローチ、メッセージを送ることで
効果的なマーケティングが可能になります。

まとめ:プロファイリング

犯罪捜査や心理学で使われていたプロファイリングですが、
現在ではマーケティング活動で使われることも多くなっています。

マーケティング活動やプロモーションを考える場合でも
必ずターゲットが誰なのか、そして
ターゲットの特徴を押さえた上で戦略を構築する必要があります。

そこで、
マーケティングの世界でも、
顧客プロファイリング、消費者プロファイリングとして
自社製品やサービスのターゲットとなる
顧客を分析する手法が利用されるようになったのです。

マーケティングにおけるプロファイリングとは
プロモーションや経営戦略を考える際に
顧客・ターゲットを分析するために有効な手法です。

以上が、マーケティングの用語、プロファイリングとは何か、
プロファイリングの意味の解説になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP