ターゲットセグメントとは?ターゲットセグメントの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ターゲットセグメントの意味を解説していきます。

ターゲットセグメントとは、いくつかに細分化した
市場の中のターゲット集団のことを意味するマーケティングの用語です。

細分化することを「セグメンテーション」とも言いますので、
ターゲットセグメントというマーケティング用語が使われるようになりました。

ある商品やサービスを売り込もうと狙いを定めた
消費者(マーケットセグメンテーション)のことも指しています。

また、企業が商品やサービスの販売活動を効率化するために
販売対象の絞り込みを行うこともターゲットセグメントと呼ばれます。

ターゲットセグメントとはターゲットの絞り込みのこと

ターゲットセグメントとは、ターゲットを絞り込むことによって
マーケティングにおける効果的な戦略を立てることになります。

マーケティングの対象となる顧客・消費者を
性別、年齢、居住地、嗜好、価値観などのさまざまな情報で分け、
ニーズが異なる集団として細分化してターゲットを絞り込みます。

そして、ターゲットセグメントによって絞り込んだ
ターゲットの特徴をキーワード化することによって
体表的な顧客像、つまり、顧客プロフィールを明確に設定します。

性別、年齢、居住地、嗜好、価値観などが明確になった
ターゲットとなる顧客プロフィールが明確になることによって
より効果的なマーケティングの戦略を立てることができるようになります。

つまり、ターゲットセグメントの役割とは、
明確な顧客プロフィールを作ることによって
マーケティングにおける効果的な戦略を立てることにあったのです。

ターゲットセグメントの使い方・やり方

ターゲットセグメントを利用する具体的な方法としては、
最初に売りたい商品やサービスのターゲットとなる層を明確にしていきます。

そのためにも、ターゲットとなる消費者や顧客の
年齢や性別、住む地域を利用して属性化させることで、顧客群を作っていきます。

顧客群を異なる価値観を持つ集団だとして、
その中から共通項を見つけ出すことで、さらに細分化していきます。

年齢や性別、住む地域などの属性や価値観によって
ターゲットとなる消費者・顧客を絞り込むことができているので、
その中からPRしたい、売りたい商品やサービスの対象となり得る顧客を選んで
マーケティングやセールスの戦略を立てることができるようになります。

そのため、ターゲットセグメントを利用した戦略では、
高い販促効果を期待することができるのです。

また、売りたい商品やサービスを、
絞り込んだ顧客に対して販促をすることができるので、
販売コストを低く抑えた上で、高い成果を得られやすいとも考えることができます。

ターゲットセグメントの2種類の役割

セグメンテーションによって分けられたターゲットセグメントには
1、広告・宣伝に活用するためのターゲットセグメント
2、商品開発・商品販売で利用するターゲットセグメント
この2種類のターゲットセグメントがあります。

ここでそれぞれの役割についても解説していきます。

広告・宣伝に活用するためのターゲットセグメントの役割

広告や宣伝、ブランディングを目的として
マーケティングの現場で活用していくターゲットセグメントです。

セグメンテーションで市場やターゲットを細分化していくことで、
より効果の高いマーケティングが実現する可能性が高くなります。

全方位を対象として広告・宣伝では、
莫大な費用がかかる上に、効果も半減してしまうからです。

そこで、セグメンテーションを使ってターゲットセグメントを作れば、
ライフスタイルや購買行動における振る舞い、製品やサービスに抱くイメージなど
消費者や顧客を似通った特徴や特性に分類することができるようになります。

そのため、特定の感情に対して働きかける広告や宣伝、ブランディングによって
特定のターゲットセグメントに効果的に働きかけることができるのです。

商品開発・商品販売で利用するターゲットセグメント

広告や宣伝、ブランディングなど、マーケティングで活用するターゲットセグメントは
消費者・顧客の属性・特性に応じて分類をしていました。

しかし、商品開発や販売のシーンでターゲットセグメントを利用する場合は
利用者の利用の状況、ロイヤリティ、購買頻度や履歴、購買決定のプロセスや方法など
広告や宣伝・ブランディング・マーケティングとは異なる要素を含んでいます。

そのため、広告や宣伝・ブランディング・マーケティングとは
異なるセグメンテーションによってターゲットセグメントを用意する必要があります。

広告や宣伝・ブランディング・マーケティングに利用するターゲットセグメントとは
異なるアプローチが必要となってくるのです。

以上が、マーケティングの用語、ターゲットセグメントの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP