SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは?SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の意味を解説していきます。

SNSはSocial Network Serviceのそれぞれの単語の頭文字を取り
省略してできあがった言葉で、
ソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれています。

インターネット上に構築されている、
コミュニケーションの場を提供しているサービスのことを意味します。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に参加している参加者は
自分のプロフィールを登録したり、公開することによって
お互いに信頼感を持った交流をすることができるようになります。

中には既存の参加者から招待状がないと
新規参加ができないサービスも存在します。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)意外にも、
ソーシャルネットワークやソーシャルネットワーキングとも略されます。

日本の代表的なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)

日本で利用されている代表的なSNSには、
TwitterやFacebook、mixi、GREEやモバゲータウンがあります。

これらのSNSサービスは、
人と人との繋がりを基盤としているコミュニティ型の会員制Webサービスです。

そのため、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)には、

■プロフィールの公開
■日記の公開
■日記へのコメント
■1対1でのメッセージのやりとり
■チャット機能
■コミュニティの作成・参加
■動画・音声の公開
■ゲーム
■アドレス帳の作成
■カレンダーの作成
■フォトアルバムの作成・公開
■友人のプロフィールへの紹介文の投稿

これらの機能や特徴を備えているサービスが多くなります。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録に必要なもの・情報

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用するには
最初にアカウントやIDを作成して利用登録を進めていきます。

多くの場合には、メールアドレスなどを会員IDとして登録・設定して
さらに英数字を複数ランダムに組み合わせてパスワードを設定します。

会員ID、パスワードを設定してアカウントを作成したら、
個人のページにログインしてサービスの利用を開始していきます。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の
アカウントやIDの作成に必要なもの・情報は次の通りです。

■SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録に必要なもの・情報1:会員ID
全ての会員1人1人が持つことになるIDです。
メールアドレスをIDにするサービスや
好みの英数字を組み合わせてIDを設定するサービスがあります。

■SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録に必要なもの・情報2:パスワード
個人ページへのログインの際にセキュリティ強化のために必要になります。
ランダムな英数字を組み合わせるのが一般的になります。

■SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録に必要なもの・情報3:メールアドレス
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)運営会社からの
通知や連絡を受けるために必要になる情報です。

■SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録に必要なもの・情報4:携帯電話用メールアドレス
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のサービスによっては
パソコンで利用しているメールアドレスだけでなく、
携帯電話用のメールアドレスが必要な場合もあります。

■SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録に必要なもの・情報5:既存会員からの招待メール
招待制SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の場合、
既存会員からの招待メールなど、招待状がないと登録することができません。

以上が、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の
サービス開始のために必要なもの・情報になります。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の二種類の登録方法

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の登録方法には2種類があります。

「招待制」と「登録制」です。

招待制と登録制、それぞれのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の
特徴を解説していきます。

招待制SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の特徴

登録のためにそのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の
既存会員である友人・知人からの招待が必要になります。

顔見知り、交友関係のある利用者だけになるので、
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の健全性が保たれやすくなります。

その一方で、招待がもらえない場合は登録へのハードルが高くなるので、
利用希望者からの不満を集める可能性もあります。

登録制SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の特徴

既存会員からの招待などがなくても、
自分のメールアドレスがあれば登録が可能な
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。

誰でも登録ができる反面、利用規約に違反して複数のアカウント・IDを取得したり、
本来の目的から外れた利用者が出てくるデメリットもあります。

アカウント・ID登録に携帯電話のメールアドレスが必要な場合は
主に複数アカウントの取得などを防止する目的があります。

以上が、マーケティングの用語、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP